宮廷のコバルトブルー | 景徳鎮明清官窯復刻展

2018年5月15日 10:00

   1700余年の陶磁器生産の歴史を誇る都、景徳鎮。磁器を英語で「チャイナ」と呼ぷように、宋、元、明、清といった時代に花開いた名品は、今もなお、世界で愛されています。中国磁器の発展には、宮廷.官用の御用器の専用工房である官窯(かんよう)の存在があったといわれています。特に、明清時代にはそれぞれ御器廠(ぎょきしょう)、御窯廠(ぎょようしょう)といわれる官窯で優れた匠の技術と素材の賛を極めた名品が数多く生み出されました。本展は、明清時代の作品を古の技法に忠実に一点一点、手作業で復刻し、悠久の時を超えて現代に甦った景徳鎮明清磁器およそ100点をご紹介します。※6月22日(金)は20時まで開館

イベント詳細ページへ

会期

2018年6月20日(水) ~ 7月12日(木)

会場

日中友好会館美術館

所在地

〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3後楽国際ビル1F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/25

ジメジメと蒸し暑い梅雨時期から夏場は、シロアリが急増する時期。せっかく建てたマイホームがシロアリの被害にあったら大変だ。今回、投稿をくれたKさん(年齢・性...

2018/5/25

突然だが、「日本大学」と聞いて、どの地域を思い浮かべるだろうか。早稲田大学なら、その名の通り早稲田。慶應なら、三田か日吉――と、複数キャンパスを持つ大学で...

2018/5/25

日常からスペシャルな場まで、気づけば私たちの日々はいつも工芸とともにあります。たとえばお気に入りの湯呑茶わん。立ちのぼる湯気を吹きながらお茶をすすれば人心...

2018/5/25

街中でカレー屋さんを見る機会が増えてきた。いわゆる「日本的なカレー」に加えて、インドやパキスタン、ネパールなどの店も多く、バターチキンや、ほうれん草のサグ...

2018/5/24

2018年5月20日頃からツイッター上で、ハトに餌を与えないよう啓発しているポスターが、「意識の高い鳩」とツイートされ話題となっている。このポスター、いっ...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ