地方創生の機運―1970~80年代の伝統的工芸品収集―

2018年5月 9日 10:00

   物充足による成熟文化の時代、消費性向の多様化、多品種少量生産といった傾向は、すでに1980年代初頭に指摘されていました。環境破壊や大都市一極集中といった情勢に対し、自然保護や伝統文化・地方文化への関心が高まるなど、今日と著しい相似性を示すこの時代の課題は今もって課題のままです。1974年に通商産業省は「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」を制定。その時期における明治大学商品陳列館による伝統的工芸品収集の経緯をたどります。

尾張七宝立葵文硯箱(1976年収集)

イベント詳細ページへ

会期

2018年8月22日(水) ~ 9月18日(火)

会場

明治大学博物館

所在地

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1アカデミーコモンB1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/21

秋田の国産生ハムメーカー、白神フーズのことがツイッター上でちょっと話題になっていた。記者も一度「白神生ハム」を食べたことがあるのだが、さっぱりした味わいで...

2018/5/20

「地域金融機関の経営統合については、金融庁による事後的なモニタリングが有効であることを踏まえ、競争当局と金融庁が連携し......」これは有識者による「金...

2018/5/19

地方出身者あるあるといえる現象のひとつが、高校卒業と同時に生まれ育った地域を離れ、大都市の大学に進学、大学卒業後もそのまま就職し、地元に戻らないというパタ...

2018/5/19

本展では、山種美術館が所蔵する江戸時代の浮世絵から近代・現代の日本画まで、水が描かれた作品を厳選し、ご紹介いたします。奥入瀬渓流に取材した奥田元宋(おくだ...

2018/5/19

東京国立近代美術館(MOMAT,千代田区)では、国内最大規模約13,000点の所蔵作品から約200点を厳選して紹介する所蔵作品展「MOMATコレクション」...

アクセスランキング
注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ