金丸重嶺VS名取洋之助―オリンピック写真合戦1936

2018年4月26日 10:00

   金丸重嶺(1900~1977)は、日本のコマーシャルフォトの先駆者であり、1939年設立の日本大学専門部芸術科写真科(現日本大学芸術学部写真学科)で初代主任に就任以降、写真教育者として多くの後進を育てたことで知られています。名取洋之助(1910~1962)は、写真家となったドイツでの経験から組写真で語る〈報道写動〉の概念を日本に持ち込み、戦前には対外グラフ『NIPPON』を創刊し、戦後は『岩波写真文庫』の制作で活躍しました。晩年の仕事で著名な二人ですが、1930年代の若き日には新しい写真表現を仕事に実現させようと邁進し、1936年開催のオリンピックベルリン大会(8月1日~16日)では現地に赴いて選手や競技を取材しています。本展の中心は、二人のオリンビック取材写真です。ヘルシンキで直前練習を行い、ベルリンに到着して歓迎を受け、選手村でくつろぎ、ナチス式敬礼でスタンドが埋まる開会式に臨み、競技に向かう選手たち。女子200メートル平泳ぎで金メダルを得た前畑秀子、棒高眺びで銀・銅メダルを分かち合った大江季雄と西田修平ら、選手らの息吹と時代の波を、二人それぞれが生き生きと切り取っています。日独間の写真電送がようやく実現した当時のこと、金丸は日本新聞写真連盟(福岡日日新聞、新愛知新聞、河北新報、北海タイムス、アサヒカメラ)特派員、名取は中外商業新報(現日本経済新聞)とドイツのウルシュタイン社特派員であったため、写真送稿では25歳の名取が10歳年上の金丸を出し抜いたこともあったようです。選手の人間性や社会を写し、競い合った二人の写真は、今日のオリンピック写真の原型とも言えましょう。初めてドイツを訪れた金丸が夢中で撮ったベルリンのショーウインドウや、名取がドイツ人の妻とドライプした地方の風景なども合わせて展示いたします。

イベント詳細ページへ

会期

2018年6月5日(火) ~ 7月1日(日)

会場

JCIIフォトサロン

所在地

〒102-0082 東京都千代田区一番町25JCIIビル

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/25

ジメジメと蒸し暑い梅雨時期から夏場は、シロアリが急増する時期。せっかく建てたマイホームがシロアリの被害にあったら大変だ。今回、投稿をくれたKさん(年齢・性...

2018/5/25

突然だが、「日本大学」と聞いて、どの地域を思い浮かべるだろうか。早稲田大学なら、その名の通り早稲田。慶應なら、三田か日吉――と、複数キャンパスを持つ大学で...

2018/5/25

日常からスペシャルな場まで、気づけば私たちの日々はいつも工芸とともにあります。たとえばお気に入りの湯呑茶わん。立ちのぼる湯気を吹きながらお茶をすすれば人心...

2018/5/25

街中でカレー屋さんを見る機会が増えてきた。いわゆる「日本的なカレー」に加えて、インドやパキスタン、ネパールなどの店も多く、バターチキンや、ほうれん草のサグ...

2018/5/24

2018年5月20日頃からツイッター上で、ハトに餌を与えないよう啓発しているポスターが、「意識の高い鳩」とツイートされ話題となっている。このポスター、いっ...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ