内藤正敏異界出現 | NaitoMasatoshi:AnotherWorldUnveiled

2018年4月12日 10:00

   本展は異色の写真家・内藤正敏の50年を超える軌跡をたどりご紹介します。作家は1960年代の初期作品において、化学反応で生まれる現象を接写して生命の起源や宇宙の生成の姿を捉えました。その後、山形県・湯殿山麓での即身仏との出会いをきっかけに、1960年代後半から80年代にかけて、主に東北地方で民間信仰の現場に取材した〈婆バクハツ!〉〈遠野物語〉など刺激的な写真シリーズを次々と発表しました。「モノの本質を幻視できる呪具」である写真と、見えない世界を視るための「もう一つのカメラ」である民俗学を手段として、現世の向こう側に幻のように浮かび上がる「異界」を発見する人、内藤正敏。そのヴィジョンは、今日の私たちに大きな戦慄と深い洞察を与えてくれるはずです。本展は主な写真シリーズを通して、その50年を超える足跡をたどるとともに、その表現世界に通底する独自の世界観、生命観を捉えていきます。

イベント詳細ページへ

会期

2018年5月12日(土) ~ 7月16日(月)

会場

東京都写真美術館

所在地

〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/26

部活帰りの空腹の中、友達とご飯を食べてから家に帰ってまた夕食を食べる......なんてことがあった人もいるだろう。Jタウンネットの20代男性記者もその一人...

2018/4/26

金丸重嶺(1900~1977)は、日本のコマーシャルフォトの先駆者であり、1939年設立の日本大学専門部芸術科写真科(現日本大学芸術学部写真学科)で初代主...

2018/4/25

江上茂雄は義務教育以降、美術の専門的教育を一切受けず、独学で、身近にある画材「クレパス」「クレヨン」「水彩」そして「木版」による制作を生涯続けました。特に...

2018/4/25

子供のころ誰もが手にしたことのあるクレパス。クレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材として、1925(大正14)年に日本で発明されました。画面によく定着し...

2018/4/25

かつてレースは、ヨーロッパの王侯貴族たちの間で富と権力の象徴として流行し、歴史上、常に重要な価値を持ってきました。熟練した職人たちが長い時間をかけて手作業...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ