広重 二つの東海道五拾三次 | 保永堂版と丸清版

2018年4月11日 10:00

   歌川広重(1797-1858)は、天保3年(1832)の夏、京都御所へ御料馬を献上する八朔御馬進献の行事を記録するため江戸から京都へ上ったといわれます。そして、翌年の天保4年(1833)にこの道中のスケッチをもとに描いた《東海道五拾三次之内》が保永堂と僊鶴堂から共同で出版、のちに保永堂の単独出版となり天保5年(1834)、53か所の宿場町に日本橋と京都を加えた全55図の大判錦絵として完結します。これが今日最も良く知られる「保永堂版」の東海道です。本作は当時人々の旅や行楽への欲求を背景に大ヒットとなり、広重30代の出世作となりました。そして、名所絵師としての確固たる地位を築いた広重は生涯にわたって20種類以上もの東海道シリーズを制作します。そのーつが広重が50代で描いた「丸清版」の東海道です。本作《東海道》は嘉永2年(1849)、丸屋清次郎の寿鶴堂から出版され、画題が隷書体で書かれていることから通称「隷書版東海道」とも呼ばれます。本展ではこの「保永堂版」と「丸清版」を同時に展示、また、大正時代に撮影された宿場の写真もあわせてご覧いただきます。同じ宿場を描きながらも構図や、色数、題材への捉え方の違いなどを二つの東海道の風景を比べながらお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2018年5月25日(金) ~ 7月1日(日)

会場

八王子市夢美術館

所在地

〒192-0071 東京都八王子市八日町8-1ビュータワー八王子2F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/7/20

路上で遊ぶ子どもたち。このコーナーで何度も紹介しているトラブルだが、道路で子どもを遊ばせる=すべてNGかどうかは議論が分かれるところだ。今回は、その親側か...

2018/7/20

2017年秋、「もらってうれしい九州の『ご当地銘菓』は?」というテーマで、アンケート調査を実施した。その結果は、「大差で1位は長崎の... もらってうれし...

2018/7/19

有島武郎が100年前に出版した『生れ出づる悩み』に登場する青年画家のモデルとなった画家、木田金次郎の生涯を80点の油彩画で紹介いたします。また、『生れ出づ...

2018/7/19

衣をつけて油で揚げる、フライではないほうの揚げ物といえば「天ぷら」だ。大抵のものは油で揚げると食べられるという、カレーメソッド(カレー味にするとなんでも食...

2018/7/18

文京ふるさと歴史館の展示に隠された昔の文字をヒントにして、クイズに挑戦しよう!探し出した文字が読めたら、わがはい君から歴史館グッズがもらえるよ。【対象:小...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
さとふる

クラウドファンディングに「さとふる」が取り組む

中澤裕子

「便利で暮らしやすい街No.1 福岡県北九州市」厳選いい宿 特別編

北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ