春季特別展「新収蔵作品展―平成二十九年度受贈作品―」

2018年4月 4日 10:00

   書家・尾上紫舟筆の「香具山帖」は万葉集の和歌49首を選び、染め、唐紙、切り継ぎ、野毛、截金、金銀箔、砂子など、装飾の枠を極めた平安朝の料紙を色紙形に仕立て、一枚に一首をしたためました。更に、一枚毎に、豪華な金蒔絵を施した折帖の帙に納め、手鑑風に仕上げた逸品です。万葉集のうたと紫舟のうつくしく伸びやかな文字が、豪華な色紙の紙面に息づき、見事な世界を生み出して、観る者をを圧倒します。書道界の重鎮、新井光風筆の作品は、白と黒のみの世界。篆書の大作5点は、長年、氏が追求研究してきた古代文字を現代の芸術表現としての世界観を持って表現されています。また、五言二句は六朝風の楷書で揮毫。これらの6作品は、氏の言葉を拝借すれば「命のかたちを紙面に定着」させ。“用紙の白と墨の黒”とが創り出す緊張感、立体感…。作品が語りかける声を聴きに足を運んでいただきたい佳品です。

イベント詳細ページへ

会期

2018年5月10日(木) ~ 6月3日(日)

会場

日本書道美術館

所在地

〒174-8688 東京都板橋区常盤台1-3-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/7/20

路上で遊ぶ子どもたち。このコーナーで何度も紹介しているトラブルだが、道路で子どもを遊ばせる=すべてNGかどうかは議論が分かれるところだ。今回は、その親側か...

2018/7/20

2017年秋、「もらってうれしい九州の『ご当地銘菓』は?」というテーマで、アンケート調査を実施した。その結果は、「大差で1位は長崎の... もらってうれし...

2018/7/19

有島武郎が100年前に出版した『生れ出づる悩み』に登場する青年画家のモデルとなった画家、木田金次郎の生涯を80点の油彩画で紹介いたします。また、『生れ出づ...

2018/7/19

衣をつけて油で揚げる、フライではないほうの揚げ物といえば「天ぷら」だ。大抵のものは油で揚げると食べられるという、カレーメソッド(カレー味にするとなんでも食...

2018/7/18

文京ふるさと歴史館の展示に隠された昔の文字をヒントにして、クイズに挑戦しよう!探し出した文字が読めたら、わがはい君から歴史館グッズがもらえるよ。【対象:小...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
さとふる

クラウドファンディングに「さとふる」が取り組む

中澤裕子

「便利で暮らしやすい街No.1 福岡県北九州市」厳選いい宿 特別編

北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ