所蔵作品展 没後50年 中村研一の制作 | 日常風景とともに

2018年3月 7日 10:08

   日本近代洋画壇を牽引する画家として活躍した中村研一(1895-1967年)。戦後まもない、1945(昭和20)年の12月、50歳で小金井に移り住みました。自然豊かなこの地を愛した中村は、最晩年にいたるまで精力的に創作活動を行います。それまでの作品に見られたモノトーンの色彩は影をひそめ、近郊の風景から影響を受けたようにも思われる、明るい色彩へと画風は変化を見せました。さらに、花を生ける妻、陽光に包まれた自宅の庭、器に盛られた果物など、身近な人物や風景、静物をモティーフにした作品が多数生み出されます。これらの作品からは穏やかな雰囲気とともに画家の温かな眼差しが感じられます。中村にとって、かけがえのない日常風景は創造をはぐくむ場であったといえるのではないでしょうか。本展覧会では、所蔵作品の中から小金井移住後の作品を中心に、画家の日常風景を探ります。

イベント詳細ページへ

会期

2018年3月27日(火) ~ 5月13日(日)

会場

中村研一記念小金井市立はけの森美術館

所在地

〒184-0012 東京都小金井市中町1-11-3

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/19

福岡県北九州市は、2018年6月23日に北九州市東京事務所(東京都千代田区)で「第10回北九州ライフセミナーin有楽町」を開催する。 当日は、北九州市の取...

2018/6/19

日本各地にある神社は8万以上とも言われるところ、その一つ一つに目を凝らして見た経験のある人は少ないだろう。かみのやしろ、と書く「神社」とあり、当然そこには...

2018/6/19

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

2018/6/19

練馬区ゆかりの絵本作家・さとうわきこさんは、元気で明るくパワフルな主人公が活躍する絵本「せんたくかあちゃん」シリーズや「ばばばあちゃん」シリーズなどの代表...

2018/6/18

大阪府をはじめ関西地方を、通勤・通学の時間帯に大きな地震が襲った。気象庁の発表によると、2018年6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とした最大震度6...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ