安田泰三ガラス作品展 | レースガラスの魔術師

2018年2月14日 10:33

   富山を拠点に活躍するガラス芸術家、安田泰三。1972年に神戸で生まれ、93年富山ガラス造形研究所造形科を卒業。そして97年に自身の工房を富山に設立しました。デビュー以来一貫して、手作りの繊細さを追求し作品制作を行っています。特に安田の生み出すレースガラスの繊細さは他に類を見ず、国内外で高い評価を得ています。1996年富山市美術展大賞、2008年大一美術館現代ガラス展優秀賞など、国内外のガラス展で次々と受賞を重ね、日本のガラス芸術を担う作家として注目を浴びています。今展では代表作のバルーン、レースのシリーズに最新作を加え、花器・茶道具・テーブルウェアー・オブジェなど約50作品を展観いたします。

イベント詳細ページへ

会期

2018年3月21日(水) ~ 5月20日(日)

会場

みらい美術館

所在地

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島1-2-15みなとみらい学園ビル2階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/19

2018年6月18日に大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が起きた後、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(43)が、被災地に向けてエー...

2018/6/19

カレーの2大派閥、ナン派とライス派。Jタウン研究所では先日、「本格的なカレー屋さんで選ぶのは?」をテーマに、読者アンケートを行った。その結果は、ナン76....

2018/6/19

福岡県北九州市は、2018年6月23日に北九州市東京事務所(東京都千代田区)で「第10回北九州ライフセミナーin有楽町」を開催する。 当日は、北九州市の取...

2018/6/19

日本各地にある神社は8万以上とも言われるところ、その一つ一つに目を凝らして見た経験のある人は少ないだろう。かみのやしろ、と書く「神社」とあり、当然そこには...

2018/6/19

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ