安田泰三ガラス作品展 | レースガラスの魔術師

2018年2月14日 10:33

   富山を拠点に活躍するガラス芸術家、安田泰三。1972年に神戸で生まれ、93年富山ガラス造形研究所造形科を卒業。そして97年に自身の工房を富山に設立しました。デビュー以来一貫して、手作りの繊細さを追求し作品制作を行っています。特に安田の生み出すレースガラスの繊細さは他に類を見ず、国内外で高い評価を得ています。1996年富山市美術展大賞、2008年大一美術館現代ガラス展優秀賞など、国内外のガラス展で次々と受賞を重ね、日本のガラス芸術を担う作家として注目を浴びています。今展では代表作のバルーン、レースのシリーズに最新作を加え、花器・茶道具・テーブルウェアー・オブジェなど約50作品を展観いたします。

イベント詳細ページへ

会期

2018年3月21日(水) ~ 5月20日(日)

会場

みらい美術館

所在地

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島1-2-15みなとみらい学園ビル2階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/23

同展は、1994年に週刊誌で発売されて以来、国境や文化、世代を越えて世界に広がり支持され続けている『名探偵コナン』の世界観をベースに、科学捜査のプロセスを...

2018/2/23

「銭湯行こう」――。ふとそう思いついても、どこに銭湯があるのかわからず、かといっていちいちネットで検索するのも二の足を踏んでしまう。そんな経験をしたことが...

2018/2/23

2017年12月19日からJタウン研究所が実施していた、「『天かす』と『揚げ玉』、どっちが親しみがある?」。18年2月19日に投票を締め切り、その結果が出...

2018/2/22

京浜急行電鉄が2018年2月25日、創立120周年を記念した「優待乗車証2枚」を無料配布します。 買い物の特別優待割引券も配布 優待乗車証イメージ 1セッ...

2018/2/22

平昌五輪出場のカーリング女子選手の「そだねー」がきっかけで、北海道弁が話題になっている。「押ささる(押してしまう等)」「○○かい?(疑問文の末尾につける等...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ