「大相撲」の幕開け―土俵・番付・化粧廻しの誕生―

2018年2月14日 10:16

   2月24日(土)・25日(日)、3月3日(土)・4日(日)・6日(火)・7日(水)・10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)・21日(水・祝)・24日(土)・25日(日)・31日(土)、4月1日(日)・4日(水)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)展覧会の内容* 「大角力(相撲)」という言葉は、江戸時代中期の番付に登場した。やがて、寛政元年(1789)の横綱誕生、同3年6月の上覧相撲を皮切りに、雷電など人気力士とともに空前の相撲ブームが巻き起こる。江戸時代前期には土俵が、宝暦7年(1757)には1枚番付が誕生。現在の「大相撲」をイメージするモノが出来上がった。加えて、同時期から流行した錦絵には、興行場の様子や力士が描かれ、人気の程がうかがえる。今回は、この江戸時代前・中期の相撲について取り上げる。当時を語る文献や絵などから、相撲興行が確立された時期の様子を感じていただければ幸いである。尚、平成29年は雷電生誕250年にあたり、それを記念して出身地の長野県などは大いに盛り上がった。当館でも本年4月中旬より雷電や寛政期を特集した展覧会を行う。是非、合わせてお越しいただきたい。

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月20日(火) ~ 4月20日(金)

会場

相撲博物館

所在地

〒130-0015 東京都墨田区横網1-3-28国技館1階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/26

「前略、僕は日本のどこかにいます。」――。一言ながら、見た人の心をつかむようなキャッチコピーと共に写るのは、中央に2つの待合ベンチがぽつんと置かれたホーム...

2018/5/26

近畿日本鉄道は2018年5月15日、車輪の左右間隔を軌間(レール)に合わせて自動的に変換し、幅の異なる軌間を直通運転できる電車「フリーゲージトレイン」(以...

2018/5/26

文化庁は2018年5月24日、有形、無形の文化財をテーマでまとめ地域の魅力を発信する「日本遺産」に、新たに13か所を認定したと発表した。北は北海道から、南...

2018/5/26

日本大のアメフト部の選手が関西学院大の選手にラフプレーをしたとして、波紋を呼んでいる。ところでこの関西学院大、関西の私大群「関関同立」のひとつである。 「...

2018/5/26

諸行無常武士たちのドラマ―その背後に暗躍する怨霊・天狗・魑魅魍魎!平家一門の栄枯盛衰を描いた『平家物語』には、教科書にも掲載される有名なエピソードのほかに...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ