「大相撲」の幕開け―土俵・番付・化粧廻しの誕生―

2018年2月14日 10:16

   2月24日(土)・25日(日)、3月3日(土)・4日(日)・6日(火)・7日(水)・10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)・21日(水・祝)・24日(土)・25日(日)・31日(土)、4月1日(日)・4日(水)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)展覧会の内容* 「大角力(相撲)」という言葉は、江戸時代中期の番付に登場した。やがて、寛政元年(1789)の横綱誕生、同3年6月の上覧相撲を皮切りに、雷電など人気力士とともに空前の相撲ブームが巻き起こる。江戸時代前期には土俵が、宝暦7年(1757)には1枚番付が誕生。現在の「大相撲」をイメージするモノが出来上がった。加えて、同時期から流行した錦絵には、興行場の様子や力士が描かれ、人気の程がうかがえる。今回は、この江戸時代前・中期の相撲について取り上げる。当時を語る文献や絵などから、相撲興行が確立された時期の様子を感じていただければ幸いである。尚、平成29年は雷電生誕250年にあたり、それを記念して出身地の長野県などは大いに盛り上がった。当館でも本年4月中旬より雷電や寛政期を特集した展覧会を行う。是非、合わせてお越しいただきたい。

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月20日(火) ~ 4月20日(金)

会場

相撲博物館

所在地

〒130-0015 東京都墨田区横網1-3-28国技館1階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/8/19

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/8/19

丁度良いスペース? 雪見だいふくの入れ物に入り込むハムスターが可愛い――こんなツイートが2018年7月18日に投稿され、話題になっている。雪見大福になりた...

2018/8/19

「コイン精米機」を知っているだろうか。以下のようなものである。Tzuhsun Hsuさん撮影、Flickrより玄米を精米し、白米へと姿を変える精米機だ。宮...

2018/8/18

投稿者が普段使わないある場所を開けると、ペットが可愛すぎる行動をとり、人気を集めている、こんなツイートが2018年7月11日に投稿され、話題になっている。...

2018/8/18

東急電鉄は、田園都市線「南町田駅」(東京都町田市)の名称を2019年中に「南町田グランベリーパーク駅」に変更すると発表した。変更に伴い、急行列車の停車が現...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
かき氷

夏だ!かき氷だ!「南アルプスの天然水」かき氷を堪能!

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

北九州市

北九州市の「移住体験ツアー」に参加してみました!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ