いわさきちひろ生誕100年「Life展」 まなざしのゆくえ 大巻伸嗣 | 大巻伸嗣

2018年2月 9日 10:00

   いわさきちひろの生誕100年にあたる2018年、東京・安曇野のちひろ美術館で、1年を通じて開催する「Life」展では、さまざまな分野で活躍する作家たちとコラボレートします。展覧会のみどころ<コラボレーションからうまれる未来へのまなざし>ちひろが亡くなるまでの22年間を過ごした場所に建つちひろ美術館・東京。ちひろが数々の作品をうみだしたアトリエを中心に据え、ここにはちひろの記憶が濃厚に残されています。大巻は、この場所のあちこちにちひろのまなざしが感じられるといいます。ちひろ自身のまなざし、そして、ちひろが描いた子どもたちのまなざしはなにをとらえているのでしょうか。愛する家族、心を動かされる自然の光景、空想の世界、そしてすべての希望を打ち砕く戦火……。そのまなざしからは、いのちの尊い姿が浮かび上がってきます。大巻は、ちひろがとらえたLife-いのちを、インスタレーションで増幅させ、わたしたちが未来に向けるまなざしと交差する空間を創出し、わたしたちに「生きる力」を喚起します。本展では、全館を使い、1階部分では水面下に広がる記憶や傷跡、いのちの連なりをイメージし、2階部分では水面上の大海原から広がるイマジネーションの旅をイメージして、インスタレーションを展開します。ちひろが描いた「まなざし」に導かれ、戦争や災害の記憶、世界と自分を分かつところから生まれ出る描線、自分のなかに映し出される世界、そして想像の世界に乗り出す旅へと誘います。大巻によるEchoes-Crystallizationシリーズの新作も展示します。

イベント詳細ページへ

会期

2018年3月1日(木) ~ 5月12日(土)

会場

ちひろ美術館・東京

所在地

〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/27

先日「お好みソース」の話を色々としたが、今回は「ウスターソース」の話をしたい。そもそもはイギリスのウスターシャーで云々......という話は脇に置いておき...

2018/5/26

「前略、僕は日本のどこかにいます。」――。一言ながら、見た人の心をつかむようなキャッチコピーと共に写るのは、中央に2つの待合ベンチがぽつんと置かれたホーム...

2018/5/26

近畿日本鉄道は2018年5月15日、車輪の左右間隔を軌間(レール)に合わせて自動的に変換し、幅の異なる軌間を直通運転できる電車「フリーゲージトレイン」(以...

2018/5/26

文化庁は2018年5月24日、有形、無形の文化財をテーマでまとめ地域の魅力を発信する「日本遺産」に、新たに13か所を認定したと発表した。北は北海道から、南...

2018/5/26

日本大のアメフト部の選手が関西学院大の選手にラフプレーをしたとして、波紋を呼んでいる。ところでこの関西学院大、関西の私大群「関関同立」のひとつである。 「...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ