美術館の春まつり | 桜を描いた名作と新収蔵品《花の夕》を同時公開。皇居・千鳥ケ淵の桜とあわせて春を楽しむイベント

2018年2月 3日 11:14

   東京国立近代美術館は皇居や千鳥ケ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地しており、散策で巡るにも絶好のロケーションにあることから、様々な催しで皆様をお迎えします。展覧会では、桜が描かれた名作《行く春》《小雨ふる吉野》をはじめ、船田玉樹《花の夕》を収蔵後初公開します。名作を鑑賞し、評判のガイドプログラムに参加してその魅力に深く迫り、飲食も楽しめて、周辺散策ではリアルなお花見を・・そんな素敵な1日をお過ごしください。期間中の4月1日は「無料観覧日」で、年に1度の特別企画「春まつりトークラリー」も開催します。桜を描いた名作、川合玉堂《行く春》(重要文化財)、菊池芳文《小雨ふる吉野》のほか、新収蔵作品として、昭和初期に日本画の革新運動をすすめた船田玉樹の代表作《花の夕》を公開します。華やかな花を描いた艶やかな日本画をご覧下さい。さらに、岡倉天心らによって創設された日本美術院創立120年特集として、菱田春草、安田靫彦、速水御舟、小倉遊亀、平山郁夫ら、そうそうたる顔ぶれの代表作もご紹介する、贅沢な展示をお楽しみ下さい。

イベント詳細ページへ

会期

2018年3月23日(金) ~ 4月8日(日)

会場

東京国立近代美術館

所在地

〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/27

先日「お好みソース」の話を色々としたが、今回は「ウスターソース」の話をしたい。そもそもはイギリスのウスターシャーで云々......という話は脇に置いておき...

2018/5/26

「前略、僕は日本のどこかにいます。」――。一言ながら、見た人の心をつかむようなキャッチコピーと共に写るのは、中央に2つの待合ベンチがぽつんと置かれたホーム...

2018/5/26

近畿日本鉄道は2018年5月15日、車輪の左右間隔を軌間(レール)に合わせて自動的に変換し、幅の異なる軌間を直通運転できる電車「フリーゲージトレイン」(以...

2018/5/26

文化庁は2018年5月24日、有形、無形の文化財をテーマでまとめ地域の魅力を発信する「日本遺産」に、新たに13か所を認定したと発表した。北は北海道から、南...

2018/5/26

日本大のアメフト部の選手が関西学院大の選手にラフプレーをしたとして、波紋を呼んでいる。ところでこの関西学院大、関西の私大群「関関同立」のひとつである。 「...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ