紙の仕事 JapanesePaperatWork

2018年1月13日 10:00

   楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)などの植物繊維を原料とする日本の和紙は、古くから優れた素材として、書画はもとより暮らしの中の様々な場面で幅広く用いられてきました。千年の寿命を持つとされ、今や世界中で文化財修復に欠かせない材料としても注目を集めており、2014年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されています。本展は当館の収蔵資料の中から、和紙を材料に作られた工芸品と関連資料を展示し、和紙が持つ秘めたる力と造形に焦点を当てる展覧会です。和紙は薄く柔らかいのに破れにくい上、軽くて加工もしやすいため、文字や画を書きつけるためだけでなく、障子や灯火具など住まいの道具に用いられ、時には布や革、木などの代用として活躍してきました。着物や下着に仕立てた紙衣(かみこ)や紙布(しふ)、紙縒(こより)を容器の形に編み漆で固めた紙長門(かみながと)、柿渋で貼り合わせ図柄を彫った染型紙、木型に貼り重ね鮮やかに彩色して立体の玩具にした張子など、一見したところ紙工品と分からないものもあります。工夫を凝らし、技を駆使して生み出される変幻自在な和紙の姿と、その意匠を存分にお楽しみいただければ幸いです。

イベント詳細ページへ

会期

2018年1月9日(火) ~ 3月9日(金)

会場

国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館

所在地

〒181-8585 東京都三鷹市大沢3-10-2

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/19

2018年6月18日に大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が起きた後、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(43)が、被災地に向けてエー...

2018/6/19

カレーの2大派閥、ナン派とライス派。Jタウン研究所では先日、「本格的なカレー屋さんで選ぶのは?」をテーマに、読者アンケートを行った。その結果は、ナン76....

2018/6/19

福岡県北九州市は、2018年6月23日に北九州市東京事務所(東京都千代田区)で「第10回北九州ライフセミナーin有楽町」を開催する。 当日は、北九州市の取...

2018/6/19

日本各地にある神社は8万以上とも言われるところ、その一つ一つに目を凝らして見た経験のある人は少ないだろう。かみのやしろ、と書く「神社」とあり、当然そこには...

2018/6/19

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ