サイエンティスト・トーク「発達障害はDNAで説明できる?~”わかる”から始める共生社会」

2018年1月13日 10:04

   日本科学未来館(略称:未来館館長:毛利衛)は、近年よく耳にするようになった「発達障害*」について、科学の観点から切りこむトークイベントを開催します。発達障害はどのようにして発症するのか?その要因を科学的に知ることを通して“障害”というものを捉えなおし、共生社会のための新たな視点を科学の側から提示します。発達障害は心理学や教育学などの分野で研究が進んできましたが、いまゲノム解析技術や神経科学の発達によって、その発症メカニズムが科学的に解明されつつあります。このイベントでは、脳のはたらきを分子レベルで研究している理化学研究所・内匠透氏をお迎えし、発達障害の一つである自閉スペクトラム症をDNAや脳細胞のレベルから解き明かしていきます。発達障害の難しさの一つは、その実態が見えにくいことにあります。それゆえに、周囲の人も本人も障害とのつきあい方がわからず、社会生活に支障が生まれがちです。しかし、ゲノムに見られる個人差と行動分析の結果をつきあわせながら発症のメカニズムを理解すれば、発達障害は誰もがもつゲノムのバリエーションの一つであり、障害をもつ人ともたない人の間には明確な“境目”がないことに気づかされるでしょう。このように先端科学を通して障害について“わかる”ことの意義と、それによってできることを参加者の皆さんとともに考えていくことがこのイベントの主旨です。*発達障害:生まれつき脳機能の発達がアンバランスであるため、成長するにつれて社会生活やコミュニケーションに困難が生じる障害開催場所:日本科学未来館 5階 コ・スタジオ講 師 :内匠透氏(理化学研究所脳科学総合研究センターシニアチームリーダー)※当日、聴覚障害の方に向けた情報保障を行います

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月4日(日) ~ 2月4日(日)

会場

日本科学未来館

所在地

〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/19

2018年6月18日に大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が起きた後、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(43)が、被災地に向けてエー...

2018/6/19

カレーの2大派閥、ナン派とライス派。Jタウン研究所では先日、「本格的なカレー屋さんで選ぶのは?」をテーマに、読者アンケートを行った。その結果は、ナン76....

2018/6/19

福岡県北九州市は、2018年6月23日に北九州市東京事務所(東京都千代田区)で「第10回北九州ライフセミナーin有楽町」を開催する。 当日は、北九州市の取...

2018/6/19

日本各地にある神社は8万以上とも言われるところ、その一つ一つに目を凝らして見た経験のある人は少ないだろう。かみのやしろ、と書く「神社」とあり、当然そこには...

2018/6/19

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ