サイエンティスト・トーク「発達障害はDNAで説明できる?~”わかる”から始める共生社会」

2018年1月13日 10:04

   日本科学未来館(略称:未来館館長:毛利衛)は、近年よく耳にするようになった「発達障害*」について、科学の観点から切りこむトークイベントを開催します。発達障害はどのようにして発症するのか?その要因を科学的に知ることを通して“障害”というものを捉えなおし、共生社会のための新たな視点を科学の側から提示します。発達障害は心理学や教育学などの分野で研究が進んできましたが、いまゲノム解析技術や神経科学の発達によって、その発症メカニズムが科学的に解明されつつあります。このイベントでは、脳のはたらきを分子レベルで研究している理化学研究所・内匠透氏をお迎えし、発達障害の一つである自閉スペクトラム症をDNAや脳細胞のレベルから解き明かしていきます。発達障害の難しさの一つは、その実態が見えにくいことにあります。それゆえに、周囲の人も本人も障害とのつきあい方がわからず、社会生活に支障が生まれがちです。しかし、ゲノムに見られる個人差と行動分析の結果をつきあわせながら発症のメカニズムを理解すれば、発達障害は誰もがもつゲノムのバリエーションの一つであり、障害をもつ人ともたない人の間には明確な“境目”がないことに気づかされるでしょう。このように先端科学を通して障害について“わかる”ことの意義と、それによってできることを参加者の皆さんとともに考えていくことがこのイベントの主旨です。*発達障害:生まれつき脳機能の発達がアンバランスであるため、成長するにつれて社会生活やコミュニケーションに困難が生じる障害開催場所:日本科学未来館 5階 コ・スタジオ講 師 :内匠透氏(理化学研究所脳科学総合研究センターシニアチームリーダー)※当日、聴覚障害の方に向けた情報保障を行います

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月4日(日) ~ 2月4日(日)

会場

日本科学未来館

所在地

〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/1/19

北海道では「手袋をはく」という言い方が一般的だという。2011年の国立国語研究所の調査によると、幅広い世代で7割以上が「手袋をはく」を使っていたとのこと。...

2018/1/18

かつては「絶対に潰れない」とも言われるなど、「安定」の象徴として世に屹立してきた金融機関。しかしバブル崩壊後には北海道拓殖銀行・三洋証券・山一證券が経営破...

2018/1/18

1922年(大正11)に東京で生まれた柚木沙弥郎は、当館創設者である柳宗悦(1889-1961)の思想と、芹沢銈介(1895-1984)の作品に啓発されて...

2018/1/18

電車に揺られているとき、ふと視線を上げると目に入るのが中吊り広告だ。週刊誌の中吊り広告などは、見出しを見ているだけでなかなか暇つぶしにもなる。「ずんぐりむ...

2018/1/17

特別な存在ではなく「日常の生活を豊かにするもの」「良質で長く愛されるもの」を作ることを目指した多摩地域の作家の活動グループ「多摩クラフト協会」の協力を得て...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ