本をめぐる美術、美術になった本-近代日本の装幀美本からブック・アートまで

2018年1月10日 10:00

   インクの香り、ページをめくる時の紙の手触り。私たちの本にまつわる記憶は、本文の内容は言うに及ばず、「本」を体感することによって形作られてきました。明治30年代以降、和装本から洋装本へと本の装幀は大きく形を変えます。夏目漱石の著書に代表される、作家と装幀者の幸福な出会いによって生み出された名品と呼ばれる本や、ミノムシや竹の皮といった奇抜な素材を用いた「げて装本」と言われる本まで、そこには作品世界を表現するための様々なアイデアと工夫が凝らされています。本展では、主として明治30年代から昭和20年代に至る装幀本の数々に加え、「本」という形態と機能に魅せられた現代美術家たちの作品を紹介します。本はその内容、すなわち作家によって紡がれた「ことば」を伝える媒体です。しかし、本文を伝える手段がデジタル化されたとき、本は物体としての役目を終えるのでしょうか?「本」という身近な存在について、今一度再考します。

イベント詳細ページへ

会期

2018年1月20日(土) ~ 3月18日(日)

会場

町田市民文学館ことばらんど

所在地

〒194-0013 東京都町田市原町田4-16-17

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/1/20

投稿者が発見したゴミ箱が「凄すぎる!」と注目を集めている、こんなツイートが2017年12月20日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんなゴミ箱...

2018/1/20

昆虫は、現在判明しているだけでも約100万種が知られており、地球上でこれまでに見つかった生物種の半数以上が昆虫であると言われています。さらに、実際にはこの...

2018/1/20

歩道を歩いていると、気にも留めないがどこにでもあるのがマンホール。世間で関心を集めるとすれば、「大雨でマンホールのふたが外れた」という類のものかもしれない...

2018/1/20

原美術館は、1979年日本における現代美術館の先がけとして開館しました。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を傾け、様々な展覧会を開催...

2018/1/20

区指定文化財の江戸時代から明治時代の山﨑家雛段飾りをはじめ、区民から寄贈された雛飾りなど約40組を展示します。収蔵する雛飾りの多くは、中野区内で飾られてい...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ