特集展示秋岡芳夫全集5 KAKの仕事-河潤之介・金子至とともに

2018年1月 6日 10:04

   秋岡芳夫(1920-1997)は、目黒区ゆかりの工業デザイナーです。1950年代、戦後日本における工業デザインの黎明期に、河潤之介、金子至とともに、目黒区中町の自宅に<KAK(カック)>という名称のデザイン事務所を開設(1953年)、ラジオキャビネット、カメラ、照度計など、光学機器のデザインを得意とし、数々の名品を世に送り出しました。この活気あふれる工業デザイナーグループは、急成長を遂げた日本の工業デザインの発展に大きく寄与していきます。2011年に開催した「DOMA秋岡芳夫展」以降、年度末に開催している特集展示「秋岡芳夫全集」の第5回目となる今回のテーマは、このKAKの仕事を取り上げます。3人すべてが代表取締役であるとし、それぞれの持ち味を活かして多くのすぐれた工業製品を作り出していきました。3人は、生活と工業デザインのあるべき姿を常に考え、よく遊び、よく仕事をしながら、デザインに携わっていましたが、沢山のアルバムに残っているその様子は、今見ても新鮮です。本展では、秋岡・河・金子によるKAKの仕事をフォーカスし、カメラ、露出計などの光学機器から学研科学の付録に至る仕事を展示します。さらに、三人三様のキャラクターにも光をあて、河潤之介、金子至のユニークな人となりも、KAK以外のプライベートな仕事を通して紹介していきます。

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月10日(土) ~ 3月18日(日)

会場

目黒区美術館

所在地

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/7/20

2017年秋、「もらってうれしい九州の『ご当地銘菓』は?」というテーマで、アンケート調査を実施した。その結果は、「大差で1位は長崎の... もらってうれし...

2018/7/19

有島武郎が100年前に出版した『生れ出づる悩み』に登場する青年画家のモデルとなった画家、木田金次郎の生涯を80点の油彩画で紹介いたします。また、『生れ出づ...

2018/7/19

衣をつけて油で揚げる、フライではないほうの揚げ物といえば「天ぷら」だ。大抵のものは油で揚げると食べられるという、カレーメソッド(カレー味にするとなんでも食...

2018/7/18

文京ふるさと歴史館の展示に隠された昔の文字をヒントにして、クイズに挑戦しよう!探し出した文字が読めたら、わがはい君から歴史館グッズがもらえるよ。【対象:小...

2018/7/18

セブン‐イレブンの一部店舗で提供が予定されていた、生ビールサーバーによる「ちょい生」。Sサイズで100円の低価格とあって、ネット上で大きな話題を呼んでいた...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
さとふる

クラウドファンディングに「さとふる」が取り組む

中澤裕子

「便利で暮らしやすい街No.1 福岡県北九州市」 厳選いい宿 特別編

北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ