特集展示秋岡芳夫全集5 KAKの仕事-河潤之介・金子至とともに

2018年1月 6日 10:04

   秋岡芳夫(1920-1997)は、目黒区ゆかりの工業デザイナーです。1950年代、戦後日本における工業デザインの黎明期に、河潤之介、金子至とともに、目黒区中町の自宅に<KAK(カック)>という名称のデザイン事務所を開設(1953年)、ラジオキャビネット、カメラ、照度計など、光学機器のデザインを得意とし、数々の名品を世に送り出しました。この活気あふれる工業デザイナーグループは、急成長を遂げた日本の工業デザインの発展に大きく寄与していきます。2011年に開催した「DOMA秋岡芳夫展」以降、年度末に開催している特集展示「秋岡芳夫全集」の第5回目となる今回のテーマは、このKAKの仕事を取り上げます。3人すべてが代表取締役であるとし、それぞれの持ち味を活かして多くのすぐれた工業製品を作り出していきました。3人は、生活と工業デザインのあるべき姿を常に考え、よく遊び、よく仕事をしながら、デザインに携わっていましたが、沢山のアルバムに残っているその様子は、今見ても新鮮です。本展では、秋岡・河・金子によるKAKの仕事をフォーカスし、カメラ、露出計などの光学機器から学研科学の付録に至る仕事を展示します。さらに、三人三様のキャラクターにも光をあて、河潤之介、金子至のユニークな人となりも、KAK以外のプライベートな仕事を通して紹介していきます。

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月10日(土) ~ 3月18日(日)

会場

目黒区美術館

所在地

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/1/20

投稿者が発見したゴミ箱が「凄すぎる!」と注目を集めている、こんなツイートが2017年12月20日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんなゴミ箱...

2018/1/20

昆虫は、現在判明しているだけでも約100万種が知られており、地球上でこれまでに見つかった生物種の半数以上が昆虫であると言われています。さらに、実際にはこの...

2018/1/20

歩道を歩いていると、気にも留めないがどこにでもあるのがマンホール。世間で関心を集めるとすれば、「大雨でマンホールのふたが外れた」という類のものかもしれない...

2018/1/20

原美術館は、1979年日本における現代美術館の先がけとして開館しました。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を傾け、様々な展覧会を開催...

2018/1/20

区指定文化財の江戸時代から明治時代の山﨑家雛段飾りをはじめ、区民から寄贈された雛飾りなど約40組を展示します。収蔵する雛飾りの多くは、中野区内で飾られてい...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ