20世紀検証シリーズNo.6東京⇆沖縄池袋モンパルナスとニシムイ美術村

2017年12月27日 10:22

    1930年代の池袋周辺には、アトリエ付き住宅長屋が立ち並び、その様子はパリの芸術家街になぞらえ「池袋モンパルナス」と呼ばれました。そこには若き日の靉光、麻生三郎や沖縄から上京した南風原朝光(はえばるちょうこう)、山元恵一といった画家たち、詩人の小熊秀雄らも集い、切磋琢磨しながら新たな表現を模索します。隣接する「落合文化村」にも佐伯祐三、松本竣介、沖縄出身の名渡山愛順(などやまあいじゅん)らをはじめとする画家たちが文学者、音楽家たちと共に居を構えています。池袋、落合一帯は様々なジャンルの芸術家が集まり、文化の醸成の場となりました。1941年に始まる太平洋戦争は、こうした営みを一変させ、自由な作品発表の場は失われます。 戦後「池袋モンパルナス」は再建され、次世代の画家が集まり、新たな美術運動の発信の場となりました。地上戦で大きな被害を受けた沖縄の首里にも学生時代を池袋や落合で過ごした名渡山や山元を中心に「ニシムイ美術村」が1948年に建設されます。画家や彫刻家に加え、文化人たちも集い、ここは戦後沖縄の美術と文化の展開に主導的な役割を果たしました。 本展は、池袋、落合、ニシムイに集った画家や詩人の作品約90点により、戦前から1971年の沖縄返還協定調印の頃までの、東京と沖縄の文化交流の一断面を紹介します。東京と沖縄に華開いたアトリエ村を総括して紹介する、東京では初めての展覧会です。

イベント詳細ページへ

会期

2018年2月24日(土) ~ 4月15日(日)

会場

板橋区立美術館

所在地

〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/23

デジタルアート作家SHU氏が描く「不思議の国のアリス」の絵画の展示会「SHUアリスシリーズ新作発表展」が、2018年4月27日から30日に愛知県名古屋市中...

2018/4/22

カレーといえば、誰もが一度は食べたことのある馴染み深い料理の一つだ。 家庭では親に作ってもらい、小学校などの給食でも定番メニューだっただろう。 今ではカレ...

2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/21

利行は、関東大震災から太平洋戦争の直前まで、昭和初期の東京を歩き回り、近代化が進む荒川・隅田川沿い、千住のガスタンクやお化け煙突、隅田公園にできたばかりの...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ