日本の工芸ー自然を愛でるー

2017年12月 5日 10:00

   日本では、自然の移ろいゆく情景や風光の美しさに育まれた特有の自然観をうかがわせる多様な工芸が、暮らしを彩り日々の生活環境を装っています。無釉や単色の陶磁と色絵、染めと織り、漆塗りと蒔絵、金属の鋳込みと彫金、また天然の特質を活かす木竹など、素材を駆使して優れたわざを開発してきました。そうすることで自然にある美を感じとりかたちとして描写しています。いうなら日本の工芸は、自然を愛でることを主要な表題とし、時代に即した固有の表現芸術として発展してきました。厳しくも豊かな自然のなかで生きる私たちの生命観を反映したものでもあり、その文化は美しい日本の伝統を表しています。 板谷波山(陶)、森口華弘(染)、赤塚自得と髙橋節郎、室瀬和美(漆)、海野清(彫金)は自然の事象を自らの表現で描きました。十二代三輪休雪や杉浦康益(陶)、藤田喬平(ガラス)、増村紀一郎(漆)は自然の形象の内に自らの創意を表しました。鈴木治と宮永東山(陶)、古伏脇司(漆)、田辺陽太(竹)は自然の事象から感受した心情をオブジェとし、そして角偉三郎(漆)、氷見晃堂と須田賢司(木)、藤沼昇(竹)は素材そのものの美と詩情とを結びつけて造形を追及しています。 本展では、当館が所蔵する近・現代の名品を主とした約120点を陳列して、自然を愛でる日本人の心が生み出した工芸の美をご紹介します。※会期中、一部作品の展示替えを行います。

イベント詳細ページへ

会期

2017年12月1日(金) ~ 2018年2月18日(日)

会場

東京国立近代美術館工芸館

所在地

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/25

ジメジメと蒸し暑い梅雨時期から夏場は、シロアリが急増する時期。せっかく建てたマイホームがシロアリの被害にあったら大変だ。今回、投稿をくれたKさん(年齢・性...

2018/5/25

突然だが、「日本大学」と聞いて、どの地域を思い浮かべるだろうか。早稲田大学なら、その名の通り早稲田。慶應なら、三田か日吉――と、複数キャンパスを持つ大学で...

2018/5/25

日常からスペシャルな場まで、気づけば私たちの日々はいつも工芸とともにあります。たとえばお気に入りの湯呑茶わん。立ちのぼる湯気を吹きながらお茶をすすれば人心...

2018/5/25

街中でカレー屋さんを見る機会が増えてきた。いわゆる「日本的なカレー」に加えて、インドやパキスタン、ネパールなどの店も多く、バターチキンや、ほうれん草のサグ...

2018/5/24

2018年5月20日頃からツイッター上で、ハトに餌を与えないよう啓発しているポスターが、「意識の高い鳩」とツイートされ話題となっている。このポスター、いっ...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ