清川泰次平面と立体

2017年11月28日 10:00

   静岡県浜松市に生まれた画家・清川泰次(1919-2000)は、慶應義塾大学在学中に独学で油絵をはじめました。卒業後は二科展や読売アンデパンダン展などで作品を発表していましたが、それまで描いていた具象表現に疑問を抱くようになり、1951年から54年までの渡米を機に、本格的に抽象表現の道へ進むことを決意します。 その後、清川は、少しずつスタイルを変えながら、色、線、面の構成により生み出される美を探求し、70年代から80年代には、白く塗ったカンヴァスに白い線を引いたシンプルな表現に行き着きました。しかし、最晩年の90年代に入ると、色彩が復活し、様々な色で幾何学的なかたちや線を描くようになります。その探求は、平面作品だけでなく立体作品にもおよび、ステンレスや木を素材に、彼の絵画に通ずる、シンプルなかたちを追求した彫刻の数々を制作しました。 本展では、清川が1980年代以降に制作した絵画と彫刻、あわせて20余展をご紹介します。ものを写すことに捉われない独自の抽象表現で精力的に制作を続けた清川が、晩年に、平面と立体という二つの表現で創り出した色、線、かたちの美をご覧ください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年12月16日(土) ~ 2018年3月18日(日)

会場

世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー

所在地

〒157-0066 東京都世田谷区成城2-22-17

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/12/15

2017年12月12日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。寝ることはおろか、座ることすら許されない不寛容社会 pic.twitte...

2017/12/15

浅草のランドマークである、アサヒグループの「スーパードライホール」屋上に設置されたオブジェが、2017年12月12日、浅草の空に戻ってきた。17年11月5...

2017/12/15

レジ袋のことを、関西では一般的に「ナイロン袋」と言うらしい。スーパーやコンビニなどで、ひんぱんに使われている。関東に移り住んだ関西人が、何気なく「ナイロン...

2017/12/14

おいしい日本酒を生み出す最高の原料として知られている山田錦。「酒米は食べてもおいしくない」というイメージがあるが、兵庫県三木市のパン店「ピストリーナマツヤ...

2017/12/13

学生から高齢者まで、多世代が交流できる街を目指して、東京都中野区内で進められている「江古田(えごた)の杜プロジェクト」についての記者発表会が、2017年1...

アクセスランキング
前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    1322
    10年平均比
    29.79%
    前週比
    +70.58%
  2. 2
    2771
    -10.91%
    +34.32%
  3. 3
    4
    -77.78%
    +33.33%
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(13)
  2. 2

    ↑(21)
  3. 3

    ↑(557)
  4. 4

    ↑(849)
  5. 5

    ↑(23)

↑上へ