没後10年「編集者・谷田昌平と第三の新人たち」展

2017年11月28日 10:03

   1958年から1989年まで玉川学園に居を構え、新潮社の編集者として文学作品の出版に携わった谷田昌平(1923-2007)。本年は、谷田昌平没後10年となります。大学時代に堀辰雄研究をスタートした谷田は、1953年堀が亡くなると、『堀辰雄全集』の編集に加わりました。これが縁となり、翌年、新潮社に就職した谷田は、同年、遠藤周作とともに「第三の新人」たちの集まりであった「構想の会」に参加。吉行淳之介や安岡章太郎等の若手作家や批評家等と交流を持ちました。また、編集者としては、すでに文豪と言われていた武者小路実篤や室生犀星に加え、後に人気作家となる安部公房、司馬遼太郎等を担当。多くの名作の出版に携わっています。「純文学書下ろし特別作品」を企画し『砂の女』や『沈黙』などの名作を世に送り出し、1976年には文芸雑誌「新潮」の編集長も務めました。「第三の新人」たちが、私小説的な純文学の伝統に立ち、その後独自の作風を確立したように、谷田もまた文学の伝統を重んじながら新しさへの挑戦を続けました。本展では、谷田がライフワークとした堀辰雄研究から、批評家、編集者としてスタートした時期に仲間に加わった「第三の新人」と呼ばれる小説家たちとの関係、彼が出版に携わった多くの作品や作家たちとの交流を通して、谷田の文学に対する姿勢やその仕事に迫ります。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月14日(土) ~ 12月17日(日)

会場

町田市民文学館ことばらんど

所在地

〒194-0013 東京都町田市原町田4-16-17

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/23

応援しているチームのグッズをついつい買いたくなるのがファン心理――と以前「計算能力以上に『カープ愛』が求められる 背番号で学ぶ『℃℃℃ドリル』をやってみた...

2018/6/23

京成電鉄は2018年6月19日、7月より上野の旧「博物館動物園駅」(東京都台東区)駅舎の改修工事に着手することを明らかにした。新設する出入口扉には、駅近く...

2018/6/23

突然だが、読者の皆様は「めかぶ」をどのように常日頃発音しているだろう。「めかぶ」「もずく」をどう言っている?(hirotomo tさん撮影, flickr...

2018/6/23

[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年6月13日放送の「これどうなん?ニュース10」のコーナーで、父の日について紹介していました。みなさんは、今年の父の...

2018/6/22

お隣さんとの敷地の境界線、はっきりと分かりますか? 今回、ご紹介するご近所トラブルは、お隣さんが建てたブロック塀が、調べてみたら家の敷地にかぶっていたとい...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
中澤裕子

「便利で暮らしやすい街No.1 福岡県北九州市」厳選いい宿 特別編

北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ