遠藤彰子展“CosmicSoul”

2017年11月25日 10:06

   画家・遠藤彰子(1947-)は、人間を取り巻く自然界に存在するあらゆる現象を描き出し、その壮大な世界観で観るものに圧倒的な印象を残してきました。500号を超える大作群のうねりのある構図から引き起こされる、その躍動感やエネルギーの前では、まるで絵の中に引き込まれるかのような不思議な感覚に陥ることでしょう。 遠藤彰子はこれまで一貫して「人間の存在」及び「今生きている実感」をテーマに描き続けてきました。画家を志して以来、この50数年間1日も筆を持たなかった日はないと語り、年に一度500号以上の大作に挑み続けるそのバイタリティには誰もが驚愕し、そして敬服せざるを得ません。 本展は、その遠藤彰子の画業の節目ともなる大規模な展覧会となります。初期の「楽園シリーズ」から、飛躍のきっかけとなった郷愁を誘う「街シリーズ」、そして現在に至るまでの500号~1500号の大作群を中心に、立体や挿画を加え、これまでの広範な活動の軌跡を一堂に会して展観します。 遠藤彰子が全身全霊を込めて描いた作品群。それらを前にして、観るものは、画面から溢れ出る“CosmicSoul”̶宇宙の魂̶を感じずにはいられないでしょう。今を生きる私たちに明日への希望を与えてくれる、その輝きに満ちた作品群を、ぜひご覧ください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年11月27日(月) ~ 12月22日(金)

会場

武蔵野美術大学美術館・図書館

所在地

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/25

都道府県あるあるはネット上でも鉄板といえるネタのひとつ。「○○は○○にしかない」といった情報もよく見かける。そんなネタのひとつが「硬筆の授業は埼玉にしかな...

2018/2/25

2018年2月22日、京王電鉄の座席指定列車の「京王ライナー」がデビューした。ネット上では早速乗車したひとからのレビューが多く見られるところ、調布駅の通過...

2018/2/24

東京都西部に位置する日野市。立川市と八王子市に挟まれ、中央線の日野駅と豊田駅を擁するのどかな地域だ。そんな日野市にある豊田駅から、八王子駅方面へ向かう途中...

2018/2/24

イベント詳細ページへ会期2018年10月30日(火) ~ 2019年3月3日(日)会場国立科学博物館所在地〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

2018/2/24

「戦争の残酷さや悲惨さ、軍隊の野蛮さや愚劣さを描きたい」。戦争と軍隊の不条理に耐える初年兵としてこの強い意志を抱いたとき、浜田知明は21歳でした。そして、...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ