遠藤彰子展“CosmicSoul”

2017年11月25日 10:06

   画家・遠藤彰子(1947-)は、人間を取り巻く自然界に存在するあらゆる現象を描き出し、その壮大な世界観で観るものに圧倒的な印象を残してきました。500号を超える大作群のうねりのある構図から引き起こされる、その躍動感やエネルギーの前では、まるで絵の中に引き込まれるかのような不思議な感覚に陥ることでしょう。 遠藤彰子はこれまで一貫して「人間の存在」及び「今生きている実感」をテーマに描き続けてきました。画家を志して以来、この50数年間1日も筆を持たなかった日はないと語り、年に一度500号以上の大作に挑み続けるそのバイタリティには誰もが驚愕し、そして敬服せざるを得ません。 本展は、その遠藤彰子の画業の節目ともなる大規模な展覧会となります。初期の「楽園シリーズ」から、飛躍のきっかけとなった郷愁を誘う「街シリーズ」、そして現在に至るまでの500号~1500号の大作群を中心に、立体や挿画を加え、これまでの広範な活動の軌跡を一堂に会して展観します。 遠藤彰子が全身全霊を込めて描いた作品群。それらを前にして、観るものは、画面から溢れ出る“CosmicSoul”̶宇宙の魂̶を感じずにはいられないでしょう。今を生きる私たちに明日への希望を与えてくれる、その輝きに満ちた作品群を、ぜひご覧ください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年11月27日(月) ~ 12月22日(金)

会場

武蔵野美術大学美術館・図書館

所在地

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/23

応援しているチームのグッズをついつい買いたくなるのがファン心理――と以前「計算能力以上に『カープ愛』が求められる 背番号で学ぶ『℃℃℃ドリル』をやってみた...

2018/6/23

京成電鉄は2018年6月19日、7月より上野の旧「博物館動物園駅」(東京都台東区)駅舎の改修工事に着手することを明らかにした。新設する出入口扉には、駅近く...

2018/6/23

突然だが、読者の皆様は「めかぶ」をどのように常日頃発音しているだろう。「めかぶ」「もずく」をどう言っている?(hirotomo tさん撮影, flickr...

2018/6/23

[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年6月13日放送の「これどうなん?ニュース10」のコーナーで、父の日について紹介していました。みなさんは、今年の父の...

2018/6/22

お隣さんとの敷地の境界線、はっきりと分かりますか? 今回、ご紹介するご近所トラブルは、お隣さんが建てたブロック塀が、調べてみたら家の敷地にかぶっていたとい...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
中澤裕子

「便利で暮らしやすい街No.1 福岡県北九州市」 厳選いい宿 特別編

北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ