単色のリズム 韓国の抽象

2017年11月17日 10:06

   本展は、韓国の抽象絵画の流れを19人の作家の作品を通じて見ようとするものです。20世紀の前半には日本の影響を受け、大戦後はイデオロギーの対立による混乱を経験した韓国において、作家が作品の制作、発表を行うこと自体にも困難がありました。また、日本をはじめとする他国の影響下にあった韓国の美術が、自国のアイデンティティを希求する衝動は強固なものであったと想像できます。韓国の抽象絵画の軌跡は、こうした状況のなかでそれぞれの作家が独自に切りひらいてきたもので、ひとつの流れに規定することはできません。しかし本展の出品作家を大別してその特徴を見ようとすれば、大戦前の日本の制度で教育を受け、日本や欧米に渡って同時代の抽象芸術のさなかに身を置いた金煥基、郭仁植、李世得、大戦後の新しい制度のもとで美術教育を受け、アンフォルメルなど欧米の同時代美術の影響を受けながら、のちに「単色画」とよばれる韓国独自の抽象を生んだ権寧禹、丁昌燮、尹亨根、朴栖甫、河鍾賢、李禹煥、こうした先人の精神を受け継ぎ、現在の韓国美術を牽引する世代、とゆるやかに三つの世代にわけることができるでしょう。本展では、韓国の豊かな抽象表現のすべてを網羅することは到底できませんが、さまざまな困難と闘いながら獲得された、静謐さと洗練をあわせ持つ韓国独自の抽象絵画の一端をご覧いただく機会となれば幸いです。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月14日(土) ~ 12月24日(日)

会場

東京オペラシティアートギャラリー

所在地

〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/25

ジメジメと蒸し暑い梅雨時期から夏場は、シロアリが急増する時期。せっかく建てたマイホームがシロアリの被害にあったら大変だ。今回、投稿をくれたKさん(年齢・性...

2018/5/25

突然だが、「日本大学」と聞いて、どの地域を思い浮かべるだろうか。早稲田大学なら、その名の通り早稲田。慶應なら、三田か日吉――と、複数キャンパスを持つ大学で...

2018/5/25

日常からスペシャルな場まで、気づけば私たちの日々はいつも工芸とともにあります。たとえばお気に入りの湯呑茶わん。立ちのぼる湯気を吹きながらお茶をすすれば人心...

2018/5/25

街中でカレー屋さんを見る機会が増えてきた。いわゆる「日本的なカレー」に加えて、インドやパキスタン、ネパールなどの店も多く、バターチキンや、ほうれん草のサグ...

2018/5/24

2018年5月20日頃からツイッター上で、ハトに餌を与えないよう啓発しているポスターが、「意識の高い鳩」とツイートされ話題となっている。このポスター、いっ...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ