武蔵野の四季と共生 児島善三郎の国分寺時代

2017年11月17日 12:05

   独立美術協会の中心的存在として活躍していた、洋画家・児島善三郎(1893-1962)は、1936(昭和11)年春、武蔵野の大自然をもとめて、住み慣れた代々木から国分寺に移り住みました。「日本人の油絵」を創出するべく、装飾的表現を自らの画風に取り入れた児島は、自宅近郊の田園風景を、おおらかな筆遣いと鮮やかな色彩によって、生き生きと描きあげます。1951(昭和26)年荻窪に転居するまでに生み出された名作の数々は、国分寺時代に児島が画業の頂点を極め、黄金時代を迎えていたとも、見ることもできるでしょう。本展覧会は、油彩、水彩、水墨、素描、様々な技法による作品により、国分寺時代における画風の展開とともに、生命感に溢れた風景作品の魅力に迫ります。さらに、児島と親交を結んでいた、当館所蔵の洋画家・中村研一(1895-1967)の小金井移住後の作品も併せて出品いたします。このような多彩な創作活動のなかに、画家たちの足跡を感じ取っていただければ幸いです。

イベント詳細ページへ

会期

2017年11月4日(土) ~ 12月17日(日)

会場

中村研一記念小金井市立はけの森美術館

所在地

〒184-0012 東京都小金井市中町1-11-3

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/12/11

2017年12月9日、NHKの人気番組「ブラタモリ」の中で、タモリさんがガイドを務めた彦根市教育委員会の学芸員・下高大輔さんの出身地をピタリと当て、話題と...

2017/12/11

東急コミュニティーは、30代以上のマンション居住者の男女3128人を対象に、災害対策の実態や防災意識に関するアンケートを2017年10月に実施し、11月に...

2017/12/11

その飲みやすさとは裏腹に9%と高めのアルコール度数でなにかと話題になっているサントリーの「ストロングゼロ」、実はふるさと納税の返礼品としてもゲット可能なの...

2017/12/8

〜「秋いずこさん」から投稿されたフアン〜 『今年もあっという間に残り2カ月半。今年立てた目標が何も達成できず終わりそう・・。』 「1年の計は元旦にあり」...

2017/12/8

熊本県のPRキャラクターとして誕生したくまモンは、2011年のゆるキャラ®グランプリ優勝をきっかけに、その愛くるしい表情で全国区の人気者となりました。今で...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    775
    10年平均比
    -18.53%
    前週比
    +115.28%
  2. 2
    29
    -48.49%
    +52.63%
  3. 3
    36
    71.43%
    +16.13%
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(56756)
  2. 2

    ↑(24284)
  3. 3

    →(3)
  4. 4

    ↑(10)
  5. 5

    ↓(1)

↑上へ