宮本三郎の顔・貌

2017年11月 1日 14:01

   生涯にわたり、人物を主題とした作品を、その制作活動の中心に据えていた宮本三郎(1905-1974)。「身体」の表現に注目した本年度第Ⅰ期の展示に引き続き、本展ではそのひとの印象を少なからず左右するといえる、「顔」や「表情」に焦点を当てます。 家族や近しい人物をはじめ、プロのモデル、異国の地で出会ったひと、はたまた華やかな舞台で活躍する歌手や女優、ダンサーまで、さまざまな人物を作品に登場させた宮本が描く、それぞれの顔。意思を語る眼差し、思わせぶりな目線や、場面に物語を添えるような表情。そして、自らにとって最も身近であるはずの存在を描いた、自画像。雑誌の表紙を飾る人物画や、対峙するモデルとの距離感がより密に感じられる素描作品も、魅力的です。 展示室に並ぶ、それぞれの「顔」を入り口として、生涯を通じて多様なスタイルや表現方法を模索し探求し続けた洋画家・宮本三郎の、彩り豊かな作品世界をお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年8月5日(土) ~ 12月3日(日)

会場

世田谷美術館分館宮本三郎記念美術館

所在地

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-38-13

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/20

この度、民音創立55周年を記念して、民音音楽博物館では、「人権と音楽」展を開催する運びとなりました。同展は、民音音楽博物館に付属する機関・民音研究所の「平...

2018/2/20

雑誌『MOE』は世界でもめずらしい絵本情報の月刊誌です。日本のみならず海外の絵本作家・児童書作家と信頼を築き、絵本関連の取材に基づく最新情報を発信してきた...

2018/2/20

今回の収蔵コレクション展「春爛漫」では、同館の収蔵作品約800点の中から、春を感じられる作品が紹介されます。毎年恒例となっている三栖右嗣の大作「爛漫」50...

2018/2/19

2018年2月18日、京王電鉄・井の頭線は下北沢駅付近の橋の架け替え工事を行うため、始発から渋谷駅と明大前駅の間の上下線で運休した。当初、午前11時ごろま...

2018/2/19

年始は多くのライダーがツーリングに繰り出します。 熟練の猛者が連れ立って遠征するかと思えば、初心者に近い方々が冒険に繰り出すチーム構成もあるでしょう。 猛...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ