考古資料展―玉川学園考古学研究会の軌跡― | 町田の考古学は玉川学園から始まった

2017年10月17日 10:21

   玉川学園では、「全人教育」の理念の下、体験を通した学びや創造を重視する「労作教育」や、自らの関心あるテーマをとことん追求する「自由研究」という独自の教育を展開しています。1960(昭和35)年に中学生による自由研究考古学クラブが発足し、彼らの成長とともに1967(昭和42)年、玉川学園職員であった考古学者の浅川利一を指導者とする「玉川学園考古学研究会」に発展しました。この研究会は、玉川学園で学ぶ上は大学・短大生から下は小学生まで、考古学に興味をもつ多様な世代が参加する非常にユニークな組織でした。玉川学園が所在する町田市域は、1960年代からベッドタウン化が始まり、それに伴い都心の大学が主体となって遺跡調査も行われるようになりました。浅川は、町田在住の考古学研究者として市域の文化財保護に奔走していましたが、1960年代後半から開発の勢いが増す中で、玉川学園考古学研究会を率いて、自ら精力的に市内の遺跡の発掘調査を実施していきました。この時期は、遺跡調査を行政主体で実施するようになる前で、町田を地盤とする研究集団で遺跡調査を担えたのは、玉川学園考古学研究会が唯一の存在でした。地元密着の考古学的調査は、玉川学園関係者によって開始されたのです。玉川学園考古学研究会では、縄文時代中期の集落・後期の墓域・晩期の環状積石(ストーンサークル)である田端(たばた)遺跡(東京都指定史跡)(1968-69年調査)や、土器捨て場からユニークな形状をしたものを含め多数の土器が発見された御嶽堂(みたけどう)遺跡(1969-70年調査)など、重要な遺跡の発掘調査を立て続けに手掛けていきました。この度、当時の関係者の協力を得て、田端・御嶽堂両遺跡の調査資料について、改めて整理を行い発掘調査報告書を刊行することができました。これを記念して、両遺跡の出土品の公開を中心に、調査を担当した考古学研究会の活動の軌跡をたどり、さらに玉川学園における考古学研究の歩みや、研究会を生み出した自由研究での取り組みを紹介いたします。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月16日(月) ~ 12月17日(日)

会場

玉川大学教育博物館

所在地

〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/19

福岡県北九州市は、2018年6月23日に北九州市東京事務所(東京都千代田区)で「第10回北九州ライフセミナーin有楽町」を開催する。 当日は、北九州市の取...

2018/6/19

日本各地にある神社は8万以上とも言われるところ、その一つ一つに目を凝らして見た経験のある人は少ないだろう。かみのやしろ、と書く「神社」とあり、当然そこには...

2018/6/19

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

2018/6/19

練馬区ゆかりの絵本作家・さとうわきこさんは、元気で明るくパワフルな主人公が活躍する絵本「せんたくかあちゃん」シリーズや「ばばばあちゃん」シリーズなどの代表...

2018/6/18

大阪府をはじめ関西地方を、通勤・通学の時間帯に大きな地震が襲った。気象庁の発表によると、2018年6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とした最大震度6...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ