企画展「神道の形成と古代祭祀」

2017年9月30日 10:08

   平成29年7月、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が正式に世界遺産へと登録されました。宗像・沖ノ島は、古代の神祭りの姿を現代に伝える「祭祀遺跡」が残り、その価値が高く評価されました。では、古代の神祭りとは、いかなるものだったのでしょうか。近年の研究では具体的な姿が少しずつ明らかになっています。5・6世紀頃、古墳時代の祭りの場では、石や土で作った祭り用の素朴な模造品だけでなく、貴重な鉄や様々な木製品を供え使用して、後の「祭祀」の原形となるような祭りが行われていたと推定できるようになってきました。また、祭祀遺跡が営まれた場所の自然環境は、そこで祀る神々の性格とも深く関係します。それは記紀や『延喜式』など古代の文献が記す、特定の場所に「坐す神」(居られる神)という考え方につながっていると考えられます。今回の展示では、このような研究の成果に基づき、主に東国の資料から古代祭祀の実態と神道の起源に迫ります。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月14日(土) ~ 12月10日(日)

会場

國學院大學博物館

所在地

〒150-8440 東京都渋谷区東四丁目10番28号國學院大學渋谷キャンパス・学術メディアセンター(AMC)内

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/17

アパートやマンションなどの集合住宅でトラブルになりやすいのは「騒音」。とくに走ったり飛び跳ねたりする子どもの足音は、階下に響く。Xさん(都道府県・年齢不明...

2018/2/17

ある高級外車のエンブレムが、驚きの変貌をとげた――こんなツイートが2018年2月1日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな変貌だったのか、見...

2018/2/17

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

2018/2/17

同課程は、美術・デザィンにおける創作と理論の両面において高度の素質を備えた人材の養成が目的とされています。院生たちは絵画・彫刻ほか、それぞれの研究分野に取...

2018/2/17

絵画の奥底から出てくる、美しさ・憂いなど、目で見た印象だけではなく、「心で感じる」ことに着目し、子供たちが絵画から何を感じることができるのか、読み取ってほ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ