古筆-かなの美-

2017年9月26日 10:00

   「古筆」とは、古人のすぐれた筆跡のことをいいますが、主として平安~鎌倉時代の和様の書、とくに歌集を筆写したかなの書をさします。平安~鎌倉時代の貴族生活において和歌は必須のものであり、数多くの歌集が編纂され、美しい料紙に書写されました。時代が下り、室町末~江戸時代になると、茶の湯の隆盛による掛物の需要、あるいは古筆を貼り込んだ観賞用の手鑑の流行にともない、冊子・巻子の歌集は分割されて断簡へと姿を変え、古筆切となって今日に伝存します。筆跡の美、料紙の華麗さはもとより、旧蔵者・伝来の地名・料紙の特徴等にちなんで名付けられた古筆切の名称にも思いをめぐらせながら、鑑賞していただければと思います。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月2日(月) ~ 12月16日(土)

会場

センチュリーミュージアム

所在地

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町110-22

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/17

アパートやマンションなどの集合住宅でトラブルになりやすいのは「騒音」。とくに走ったり飛び跳ねたりする子どもの足音は、階下に響く。Xさん(都道府県・年齢不明...

2018/2/17

ある高級外車のエンブレムが、驚きの変貌をとげた――こんなツイートが2018年2月1日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな変貌だったのか、見...

2018/2/17

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

2018/2/17

同課程は、美術・デザィンにおける創作と理論の両面において高度の素質を備えた人材の養成が目的とされています。院生たちは絵画・彫刻ほか、それぞれの研究分野に取...

2018/2/17

絵画の奥底から出てくる、美しさ・憂いなど、目で見た印象だけではなく、「心で感じる」ことに着目し、子供たちが絵画から何を感じることができるのか、読み取ってほ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ