「辰五郎と滋の見た明治の衣生活大転換」

2017年9月22日 10:00

    幕末の開国を経て、近代国家を目指した明治時代の日本。洋服や新素材・新技術の導入、社会制度や生活様式の変革によって、人々の服装は大きく変わります。 東京家政大学の校祖渡邉辰五郎とその長男で二代目校長の渡邉滋は、まさにこの激動の時代を「裁縫」を武器に生き抜いたといえるでしょう。教育者として裁縫教育に尽力したのはもちろんのこと、まず自ら裁縫の技術に通じ、衣服への見識を深めていきました。 本展では、辰五郎と滋の視点を取り入れながら、明治という大転換期に、日本人が何を考え、どのように衣服を選び取っていったのかを探ります。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月19日(木) ~ 11月24日(金)

会場

東京家政大学博物館

所在地

〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/10/19

全国のご当地キャラが集結する人気イベント「ご当地キャラ博in彦根2017」が10月21~22日に滋賀県彦根市で開かれる。今年で10回目の開催となり、昨年は...

2017/10/19

2017年10月19日朝9時過ぎ、東京と神奈川を結ぶ東急田園都市線の三軒茶屋駅で、停電が発生した。田園都市線と大井町線は一時、全線で運転を見合わせた。乗り...

2017/10/18

東京湾埋め立て地を巡る江東区と大田区の争いで、東京都が提示した調停案に大田区が強く反発し、訴訟の可能性が報じられている。ネット上では、調停案に同意する声が...

2017/10/18

関西人が何気なく使っている言葉だが、関東では通じない、というケースがあるようだ。「これ、東京では使わへんの?」と驚くことも......。たとえば「ナイロン...

2017/10/18

2017年10月19日(木)、西新宿に新しいつけ麺専門店がオープンします。その名は『つけ麺赤とんぼ』。名前に心当たりがある人もいるかもしれません。2002...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    461
    10年平均比
    76.43%
    前週比
    +10.02%
  2. 2
    882
    13.54%
    +3.04%
  3. 3
    41
    -55.68%
    -6.82%
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(1087)
  2. 2

    ↑(25)
  3. 3

    ↑(4)
  4. 4

    ↑(35217)
  5. 5

    ↑(28015)

↑上へ