占領期の東京 写真家が見た1945-1952

2017年9月20日 10:17

   アジア・太平洋戦争に敗戦した日本は、1945年9月2日の降伏条約調印から1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効まで、連合国軍によって統治されていました。平和と自由を得て新生日本に向かったと言われているこの時期は、「戦後」ではなく、「休戦中の戦時下」でした。全ての物資が入手困難な中、写真機材も不足していましたが、1947年に創刊したグラフ誌『週刊サンニュース』やカストリ雑誌などに写真家の仕事が残されています。本展では、木村伊兵衛、藤本四八、田村茂、笹本恒子、林忠彦ら戦中から報道写真家として活躍していたベテランから、三木淳、稲村隆正、中村立行、田沼武能ら占領期に写真家となった方々まで、16名の写真家が1945年から1952年に写した東京をごらん戴きます。傷痍軍人、住宅難、戦災孤児などの社会問題や、ストリップ劇場、剥製にした猛獣を展示する動物園、湯川秀樹、笠置シヅ子らの肖像、進駐軍兵士など、時代を活写した作品ばかりです。敗戦によって抑圧を解かれた日本の虚脱と解放が表れている作品の数々は、新生日本となって65年後の世を生きる私たちに、何処へ行こうとしているのかを問いかけているようです。

銀座 撮影:稲村隆正

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月31日(火) ~ 11月26日(日)

会場

JCIIフォトサロン

所在地

〒102-0082 東京都千代田区一番町25JCIIビル

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/10/19

2017年10月19日朝9時過ぎ、東京と神奈川を結ぶ東急田園都市線の三軒茶屋駅で、停電が発生した。田園都市線と大井町線は一時、全線で運転を見合わせた。乗り...

2017/10/18

東京湾埋め立て地を巡る江東区と大田区の争いで、東京都が提示した調停案に大田区が強く反発し、訴訟の可能性が報じられている。ネット上では、調停案に同意する声が...

2017/10/18

関西人が何気なく使っている言葉だが、関東では通じない、というケースがあるようだ。「これ、東京では使わへんの?」と驚くことも......。たとえば「ナイロン...

2017/10/18

2017年10月19日(木)、西新宿に新しいつけ麺専門店がオープンします。その名は『つけ麺赤とんぼ』。名前に心当たりがある人もいるかもしれません。2002...

2017/10/17

温泉が良かった、焼酎が旨かった、魚も肉も最高だった、と九州旅行から帰ってきた人の話を聞きながら、ご当地銘菓を味わう。定番のお土産品も多いが、それはそれで安...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    461
    10年平均比
    76.43%
    前週比
    +10.02%
  2. 2
    882
    13.54%
    +3.04%
  3. 3
    41
    -55.68%
    -6.82%
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(1087)
  2. 2

    ↑(25)
  3. 3

    ↑(4)
  4. 4

    ↑(35217)
  5. 5

    ↑(28015)

↑上へ