コンサベーション_ピース ここからむこうへ partA 青野文昭展

2017年9月13日 10:00

   青野文昭(1968年仙台生まれ、同地在住)は、宮城教育大学大学院在学中の1990年より「修復」をテーマに掲げ、以後今日にいたるまで、空き地や海岸などに打ち捨てられ、傷つき、壊れたものの断片を拾い、その欠損部分を知識と想像力によって「なおす」というスタイルで制作・発表を続けている。自身も被災者となった2011年3月の東日本大震災後は、津波により破壊された被災物を用いた作品制作にも集中的に取り組んできた。青野は、「復元」という行為の不確実性/不完全性を認めた上で、その復元作業によって顕在化するズレやすり合わせといった様々な異物間の関係性の中に、リアルな世界像を読み込もうとする。欠落した部分の断面を見つめながら他者の記憶と向き合い、そこに自身の記憶や想像に基づく新しいかたちを与え、接地面の齟齬をならしていく作業。そこでは、他者/過去の記憶を自身の中に取り込み、またそれによって自身が他者の記憶の中に潜っていくような記憶の交感が行われている。本展に向け青野は、戦前、祖母が暮らしていたという自身にも縁ある土地・吉祥寺周辺地域での収拾活動に基づき、地域全体の記憶を「復元」するという作業に挑戦した。展示会場では、数点の旧作により青野の今日までの制作活動を振り返るとともに、約1年をかけて進められた東京―吉祥寺における新たな取り組みの成果として、大作が発表される。

イベント詳細ページへ

会期

2017年9月9日(土) ~ 10月15日(日)

会場

武蔵野市立吉祥寺美術館

所在地

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16FFビル(コピス吉祥寺A館)7階

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/22

平昌五輪出場のカーリング女子選手の「そだねー」がきっかけで、北海道弁が話題になっている。「押ささる(押してしまう等)」「○○かい?(疑問文の末尾につける等...

2018/2/22

銀座(東京都中央区)にある4つの商業ビルで2018年2月26日~3月11日の間、18種類のチーズを使ったオリジナルチーズ料理34品を食べられる「とかちーず...

2018/2/22

2018年2月20日から、鹿児島市内を「京急」の電車が走っていると話題になっている。これは羽田空港国内線ターミナル駅の開業20周年を記念して、京急電鉄が企...

2018/2/22

みなさん、おはようございます!喜多方ラーメン坂内PRチームです。 東京・本社付近、本日は「雨」スタートです。2月も後半に入りましたが、気温もあまり上がら...

2018/2/22

撮って、繋いだ、だれかの1年。365日の写真を撮りためて、なにかを「みっける」ワークショップの成果発表展。それはだれかの「人生80年における1%」を、世界...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ