没後20年麻田浩展―静謐なる楽園の廃墟― | 練馬区独立70周年記念展

2017年9月 7日 10:00

   麻田浩(1931~97)は、日本画家、麻田辨自を父に、同じく日本画家、鷹司(1928~87、2000年に当館で回顧展を開催)を兄に持つ、美術家の一家に生まれました。同志社大学経済学部に入学するものの、画家への道は捨てきれず、新制作協会に出品、在学中に初入選を果たします。初期にはアンフォルメルに傾倒しましたが、1963年、初めてのヨーロッパ旅行にて古典絵画を再確認したことで、徐々に変化が表れます。1971年、39歳のとき再度渡欧。パリを拠点に、より幻想的な風景画を生み出し、新制作展や安井賞展などに出品し続けました。また、ヨーロッパ滞在期には版画制作にも力を入れ、カンヌ国際版画ビエンナーレではグランプリを獲得。フランス・ドイツ・ベルギーなどでも個展を開催しています。1982年、50歳で帰国。京都に戻り、京都市立芸術大学西洋画科の教授を務めながら、水滴や羽根などの自然物を配した「原風景」とともに、「原都市」と名づけられた美しき廃墟空間を描き続けました。1995年には京都市文化功労者となり、同年に第13回宮本三郎記念賞を受賞するなど活躍を続けていましたが、1997年、65歳で自ら命を絶つこととなります。本年は麻田が没して20年という記念の年にあたります。初期から晩年まで、約140点の油彩画、版画等を通し、麻田の画業を振り返る展覧会です。

イベント詳細ページへ

会期

2017年9月28日(木) ~ 11月19日(日)

会場

練馬区立美術館

所在地

〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/9/19

猪突猛進?狭い所に入りこんで出れなくなった柴犬の様子が面白い。――こんなツイートが2017年9月5日に投稿され、話題になっている。出られなくなってパニック...

2017/9/19

「縞」とはタテまたはヨコに平行する線を連ねた文様のこと。格子も縞の一種で、タテ縞とヨコ縞を組み合わせたものです。線による意匠を古くは「筋」と称しましたが、...

2017/9/19

明治の浮世絵の中で、現代でも一級の芸術作品として認められているのが、「光線画」とよばれる西洋風の風景版画です。本展示では、小林清親の「光線画」時代に描かれ...

2017/9/19

尾形光琳の墨絵を4点展示します。代表作には華やかな作品が多い光琳ですが、光琳は魅力的な墨絵も多く残しています。光琳にしか描けない墨線の美、光琳にしか操るこ...

2017/9/17

最近、行きつけのスナックが、なぜか急に時間制に変更になり、「延長する?」って聞かれ、 カッコつけて「帰る」と言い出さなくて大枚取られた、コラムニストの中丸...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    51
    10年平均比
    -31.17%
    前週比
    +50.00%
  2. 2
    359
    79.05%
    +30.07%
  3. 3
    71
    -40.73%
    +22.41%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ラゾーナ

「ドッキリ」仕掛けるユニーク動画

ラゾーナ

「日本クイズ協会」代表に聞いてみた

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ