陶匠辻清明の世界―明る寂びの美

2017年9月 5日 10:00

   辻清明(1927-2008)は、1955年に東京・多摩に登窯を築いて以降、信楽の土を用いた無釉焼き締め陶を活動の中心とした作家です。古美術の蒐集や芸術家との交流を通して感性を磨き、「明る寂び」と呼ばれる信楽特有の美の世界を構築しました。工芸館開館40周年と、辻の没後10年を記念して開催する本展では、茶陶やオブジェなどの代表作とともに、古信楽や古代ペルーの土器など、きびしい目で選び抜かれた愛蔵品や、洋画家の山口長男やアメリカの陶芸家ピーター・ヴォーコスら、芸術家が辻の陶房で制作した作品なども紹介し、辻清明という陶芸家の創作の軌跡を振り返ります。

イベント詳細ページへ

会期

2017年9月15日(金) ~ 11月23日(木)

会場

東京国立近代美術館工芸館

所在地

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/9/20

近づきたくもない? 青いおもちゃが苦手で困り果てた顔をする猫がかわいい――こんなツイートが2017年9月5日に投稿され、話題になっている。なんか青いやつが...

2017/9/20

館蔵品の中から、高僧を描いた絵画、古写経(大般若経)、禅僧の書画(墨跡・水墨画)など約60点を選び展示(会期中一部展示替あり)。一切の存在はすべて空である...

2017/9/20

アジア・太平洋戦争に敗戦した日本は、1945年9月2日の降伏条約調印から1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効まで、連合国軍によって統治されて...

2017/9/20

「武蔵野/むさしの」は古来より、詩歌、文学、絵画や工芸などにおいて、重要な題材としてとりあげられてきました。「はてしなくひろがる原野」、「月のうつくしい芒...

2017/9/19

猪突猛進?狭い所に入りこんで出れなくなった柴犬の様子が面白い。――こんなツイートが2017年9月5日に投稿され、話題になっている。出られなくなってパニック...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    51
    10年平均比
    -31.17%
    前週比
    +50.00%
  2. 2
    359
    79.05%
    +30.07%
  3. 3
    71
    -40.73%
    +22.41%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(67)
  2. 2

    ↑(2664)
  3. 3

    ↑(3848)
  4. 4

    ↑(47733)
  5. 5

    ↑(135692)
注目情報
ラゾーナ

「ドッキリ」仕掛けるユニーク動画

ラゾーナ

「日本クイズ協会」代表に聞いてみた

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ