日本パステル畫事始め展-武内鶴之助と矢崎千代二、二人の先駆者を中心に

2017年9月 1日 10:00

   明治以後、現代まで、パステルを用いたことのある画家は少なくありません。しかし、その多くは、油彩に比べて乾燥を待つことのない速写性や、独特の軽やかな色彩表現などに着目した、小品やエスキース、スケッチ類の制作、他の画材との併用で、「パステルによるパステルでないと不可能な絵画作品」を追求した画家は極めて限られます。その中で、武内鶴之助と矢崎千代二は、数少ない「パステルを主たる制作手段とした画家」で、既に一部の愛好者等によって、いわば「双璧」として扱われることが定着しているのも頷けます。その経歴や作風も大きく異なる武内と矢崎、二人の接点となっているのが、パステル国産の歩みと並行して行われた普及活動です。工業製品など様々なものの「国産化」が志向された大正から昭和初期、それまでフランス製やドイツ製などの輸入に頼っていたパステルも国産化が試みられましたが、この国産化を、パステルを熟知・熟考した画家として指導したのが矢崎千代二でした。そして同時期に行われたパステル普及活動では矢崎と並んで武内もまた重要な先駆者としての役割を果たしました。本展は、武内鶴之助、矢崎千代二という二人の画家の仕事から、彼らがヨーロッパのパステル画に学び、念頭に置きつつ、それぞれ個性的なスタイルを確立し、ある種の「日本化」を遂げた様子をご覧いただきます。そして、作家たちの活動と同時に、画材そのものの「日本化」の過程も重要な要素として取り上げます。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月14日(土) ~ 11月26日(日)

会場

目黒区美術館

所在地

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/20

「ガンジー牛乳」――そう聞けば、「ガンジー」という言葉から、かの有名なインド建国の父、マハトマ・ガンジーの顔を思い浮かべる人もいるだろう(筆者はそうだった...

2018/6/19

2018年6月18日に大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震が起きた後、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん(43)が、被災地に向けてエー...

2018/6/19

カレーの2大派閥、ナン派とライス派。Jタウン研究所では先日、「本格的なカレー屋さんで選ぶのは?」をテーマに、読者アンケートを行った。その結果は、ナン76....

2018/6/19

福岡県北九州市は、2018年6月23日に北九州市東京事務所(東京都千代田区)で「第10回北九州ライフセミナーin有楽町」を開催する。 当日は、北九州市の取...

2018/6/19

日本各地にある神社は8万以上とも言われるところ、その一つ一つに目を凝らして見た経験のある人は少ないだろう。かみのやしろ、と書く「神社」とあり、当然そこには...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ