企画展「八十翁松原與七、藍に生きる」

2017年8月29日 10:04

    松原與七(1937-)は、長板中形の重要無形文化財保持者(人間国宝)であった松原定吉(1893-1955)の十男として昭和12年(1937)江戸川区西小松川(現江戸川区松島)に生まれました。中学校卒業と同時に家業に入り、中形染めを始めています。 本展では、松原與七の代表作「繧繝彩色藍形染」作品を中心として、初期から現在にいたるまでの多数の作品を展示します。 藍と共に歩んできた60年の創作の軌跡を紹介するとともに、藍染めの美しさと伝統的型染技術による芸術作品の数々をご覧いただける展覧会となります。《展示作品》・長板中形および藍形染による浴衣、着物、着尺、帯、帯地など約40点・松原與七が長年蒐集してきた小紋着物、中央アジア諸国の民族衣装や染織品など約20点※作品保護のため、約2週間ごとに展示作品を入れ替えます。《ギャラリートーク》松原與七による展示作品の解説をおこないます。事前申込不要。直接会場へお越しください。①9月10日(日)14:00~②9月20日(水)15:00~③10月8日(日)14:00~④10月18日(水)15:00~

イベント詳細ページへ

会期

2017年8月26日(土) ~ 10月29日(日)

会場

江戸川区郷土資料室

所在地

〒132-0031 東京都江戸川区松島1-38-1グリーンパレス3F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/1/21

阿佐ヶ谷にある神社「阿佐ヶ谷神明宮」(東京都杉並区)で頒布されている「神(かん)むすび」というブレスレット型のお守りが、お洒落でかわいいとインターネット上...

2018/1/20

投稿者が発見したゴミ箱が「凄すぎる!」と注目を集めている、こんなツイートが2017年12月20日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんなゴミ箱...

2018/1/20

昆虫は、現在判明しているだけでも約100万種が知られており、地球上でこれまでに見つかった生物種の半数以上が昆虫であると言われています。さらに、実際にはこの...

2018/1/20

歩道を歩いていると、気にも留めないがどこにでもあるのがマンホール。世間で関心を集めるとすれば、「大雨でマンホールのふたが外れた」という類のものかもしれない...

2018/1/20

原美術館は、1979年日本における現代美術館の先がけとして開館しました。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を傾け、様々な展覧会を開催...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ