マリモ発見120年「マリモの謎―どこからきたのか?なぜまるいのか?―」

2017年8月29日 10:48

   今年は、1897年(明治30年)8月23日に阿寒湖を訪れた札幌農学校の川上瀧彌(かわかみたきや)が、毬のような球状で美しい藻を発見して120年目にあたります。翌年、この藻は川上によって「毬藻(マリモ)]と名付けられ、東京植物学会の『植物学雑誌』に発表されました。以来、数多くの生物学者が、マリモがどこから来たのか(生物地理学的な起源)そしてなぜ丸いのか(球状化するメカニズム)の解明に挑んできました。本展示では、この記念の年に、これら2つの謎について近年の研究で明らかにされた成果をマリモの実物や生態映像で紹介いたします。また、現在絶滅の危機に瀕しているマリモを保全するために阿寒湖で取り組んでいる活動や、当館が山中湖で行っている研究調査を紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2017年8月22日(火) ~ 10月9日(月)

会場

国立科学博物館

所在地

〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/1/21

阿佐ヶ谷にある神社「阿佐ヶ谷神明宮」(東京都杉並区)で頒布されている「神(かん)むすび」というブレスレット型のお守りが、お洒落でかわいいとインターネット上...

2018/1/20

投稿者が発見したゴミ箱が「凄すぎる!」と注目を集めている、こんなツイートが2017年12月20日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんなゴミ箱...

2018/1/20

昆虫は、現在判明しているだけでも約100万種が知られており、地球上でこれまでに見つかった生物種の半数以上が昆虫であると言われています。さらに、実際にはこの...

2018/1/20

歩道を歩いていると、気にも留めないがどこにでもあるのがマンホール。世間で関心を集めるとすれば、「大雨でマンホールのふたが外れた」という類のものかもしれない...

2018/1/20

原美術館は、1979年日本における現代美術館の先がけとして開館しました。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を傾け、様々な展覧会を開催...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ