家電のある生活展 | 暮らしのデザインミュージアム2017

2017年8月26日 10:03

   私たちにとってあたりまえの「家電のある生活」。さかのぼれば1950年代の高度経済成長期以降、日常には、冷蔵庫・洗濯機などの白物家電、テレビ・オーディオなどの黒物家電が登場して、私たちの家事や娯楽のスタイルは、家電とともに大きく変化してきました。20周年を迎えた生活工房は、衣食住の“暮らしのデザイン”を問い、見つめ続け、生活文化にまつわる事業を展開してきました。本展では、家電誕生から60余年の暮らしを振り返り、各時代を象徴する「三種の神器」と呼ばれた家電製品など、時代ごとの製品約20点を、その当時の生活シーンと共に展示します。また子どもたちが未来のまちや家電を描くワークショップ「あったらいいな!の未来をデザインしよう!」の作品展示、蓄電池システムを応用して進化する電気自動車のトークイベントなども開催します。これからの時代、家電の役割やデザインは、私たちの希望や価値観と響きあいながら、どのように変化してゆくのでしょうか。古きを懐かしみ、新たな発想やテクノロジーに驚き、本展を楽しみながら「あなたの未来の、家電のある生活」を考えてみませんか。

イベント詳細ページへ

会期

2017年9月18日(月) ~ 10月15日(日)

会場

くりっく 世田谷文化生活情報センター 生活工房

所在地

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/20

この度、民音創立55周年を記念して、民音音楽博物館では、「人権と音楽」展を開催する運びとなりました。同展は、民音音楽博物館に付属する機関・民音研究所の「平...

2018/2/20

雑誌『MOE』は世界でもめずらしい絵本情報の月刊誌です。日本のみならず海外の絵本作家・児童書作家と信頼を築き、絵本関連の取材に基づく最新情報を発信してきた...

2018/2/20

今回の収蔵コレクション展「春爛漫」では、同館の収蔵作品約800点の中から、春を感じられる作品が紹介されます。毎年恒例となっている三栖右嗣の大作「爛漫」50...

2018/2/19

2018年2月18日、京王電鉄・井の頭線は下北沢駅付近の橋の架け替え工事を行うため、始発から渋谷駅と明大前駅の間の上下線で運休した。当初、午前11時ごろま...

2018/2/19

年始は多くのライダーがツーリングに繰り出します。 熟練の猛者が連れ立って遠征するかと思えば、初心者に近い方々が冒険に繰り出すチーム構成もあるでしょう。 猛...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ