猪熊弦一郎展猫たち

2017年8月24日 11:45

   猪熊弦一郎(1902-1993年)は、百花繚乱の昭和の画壇にあって試行錯誤を繰り返しながらも、常に独自の境地を維持し、極めて個性的な作品群を残した画家です。「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの無類の猫好きとして知られ、私生活でも作品のモチーフとしても猫は重要な存在でした。勿論、猪熊弦一郎の芸術は猫だけにとどまるものではありません。本展は彼が愛した猫達を描いた作品をまずは堪能していただき、猪熊弦一郎の奥深い世界に触れるきっかけとなるよう企画された展覧会であり、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫を描いた油彩、水彩、素描を中心に、猫以外の主題の作品も若干加えた百数十点によって構成されます。猫好きの人には「猫の画家」のままでよく、更に興味をもった人には大画家としての猪熊弦一郎を追い求めていただきたい。

イベント詳細ページへ

会期

2018年3月20日(火) ~ 4月18日(水)

会場

Bunkamuraザ・ミュージアム

所在地

〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/22

「ムサコ」とは、どこなのか――?そんなささやかな疑問から始まったアンケート調査に、1つの結論が出た。拮抗したのが、武蔵小金井・武蔵小杉・武蔵小山の3か所。...

2018/6/21

サッカーのワールドカップロシア大会で、2018年6月19日、1次リーグH組の日本は、コロンビアに2-1で勝った。「サランスクの奇跡」とも呼ばれる勝利で、日...

2018/6/21

前回(?)、広島出身のJタウンネット記者が東京で小イワシ(カタクチイワシ)を食べるために異常な執念を見せた「『小イワシの刺身が食べたい』 広島出身記者は、...

2018/6/20

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/6/20

じゃがいもに浮かび上がっている表情のせいで、食べるのに罪悪感がある――こんなツイートが2018年5月31日に投稿され、話題になっている。やめろ...そんな...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ