清川泰次季節の情景

2017年8月11日 10:10

   一年を通じて少しずつ移ろいゆく季節。画家・清川泰次(1919-2000)は、独自の抽象的な表現で、季節のさまざまな情景を描きました。静岡県浜松市に生まれた清川泰次は、慶應義塾大学在学中に油彩画を始めました。初期には具象的な作品を描いていましたが、「本当の絵画とはなにか?」を探求したいと1951年から3年間アメリカへ渡り、本格的に抽象表現へと移行します。約60年にわたり画歴を重ねるなかで、少しずつスタイルを変えながら、もののかたちを写すことに捉われない芸術を探求し続けました。本展では、季節を主題とした作品を中心に、アメリカから帰国直後の1950年代後半から60年代初頭にかけて制作された油彩画10数点をご紹介します。この時期、清川は《早い夏》や《早春-56》をはじめ、複雑に交差する線や点、色彩豊かな色面を用いて季節を表現した作品を多く描きました。アメリカで抽象表現主義に触れ、新たなスタイルの模索を始めた清川による、季節の情景をご覧ください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年8月5日(土) ~ 12月3日(日)

会場

世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー

所在地

〒157-0066 東京都世田谷区成城2-22-17

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/17

アパートやマンションなどの集合住宅でトラブルになりやすいのは「騒音」。とくに走ったり飛び跳ねたりする子どもの足音は、階下に響く。Xさん(都道府県・年齢不明...

2018/2/17

ある高級外車のエンブレムが、驚きの変貌をとげた――こんなツイートが2018年2月1日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな変貌だったのか、見...

2018/2/17

紅花ってどんな花?黄色い紅花がどうして紅になるの?江戸時代の女性はどんなお化粧をしていたの?伊勢半本店紅ミュージアムへ初めてお越しの方、解説つきでご見学な...

2018/2/17

同課程は、美術・デザィンにおける創作と理論の両面において高度の素質を備えた人材の養成が目的とされています。院生たちは絵画・彫刻ほか、それぞれの研究分野に取...

2018/2/17

絵画の奥底から出てくる、美しさ・憂いなど、目で見た印象だけではなく、「心で感じる」ことに着目し、子供たちが絵画から何を感じることができるのか、読み取ってほ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ