秋の浜口陽三展 カラー・トリップ

2017年8月10日 10:33

   銅版画家・浜口陽三(1909-2000)は、西洋の印刷技術であったメゾチントを芸術表現に取り入れ、さらにモノクロであった技法に色彩を呼び起こしました。あざやかな赤いさくらんぼの奥の暗闇によく目を凝らすと、幾重にも色が重なりあっていることに気づかされます。その暗色は、黄、赤、青、黒の四色の版の重なりでできあがっているのです。ビロードのようにも見えるその暗色のやわらかさや静謐な画面は、国際的に高く評価されました。 しかし浜口は、銅版画の技法だけにこだわらず、リトグラフでの制作も試みています。銅版画では表現できないフラットな色彩をリズミカルに配したその作品は、銅版画での作品と同じモチーフを描写していながら、異なった様相を見せます。浜口の好んで用いたモチーフであるさくらんぼは、リトグラフの多彩な作品の中で、弾みながら歩んでゆくようです。 また、もうひとつの色の冒険として、浜口はシルクスクリーンにも挑戦しています。ポスターの原画として使用するためにつくられた、そのただ1点のみの幻の試作品を、今回はポスターと併せて紹介します。 この秋の展覧会は浜口のリトグラフ作品に焦点をあて、浜口の主な制作である銅版画約40点を加えた多彩な構成です。さくらんぼを追いかけて、色の旅をどうぞお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年8月26日(土) ~ 10月22日(日)

会場

ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

所在地

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/8/22

シン・ゴジラ第二形態の「蒲田くん」みたいだ――東京・荻窪の餃子レストランが、そんな声が聞こえそうなムツゴロウを丸ごと使った餃子などを期間・人数限定で提供を...

2017/8/21

「たぬき」といえば...(Nullumayulifeさん撮影、Flickrより)関東では、油揚げがのったうどんを「きつねうどん」、天かすがのったうどんを「...

2017/8/20

寝てる間に北斗神拳伝承者みたいになってしまったカワウソが面白可愛い――こんなツイートが2017年8月8日に投稿され、話題になっている。コツメ神拳伝承者チィ...

2017/8/19

初さんまが水揚げされたり、キリンが「秋味」の販売を開始したりと、すでに秋の足音が徐々に聞こえ始めた。東京にあるJタウン研究所としては、7月の猛暑から一転し...

2017/8/19

「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのもの...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    4
    10年平均比
    81.82%
    前週比
    +300.00%
  2. 2
    95
    179.41%
    +58.33%
  3. 3
    583
    1249.54%
    +43.95%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(20)
  2. 2

    ↓(1)
  3. 3

    ↑(3855)
  4. 4

    ↑(42)
  5. 5

    ↑(2344)
注目情報
ラゾーナ
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ