ちひろの詩(うた)―絵は詩のように―

2017年8月 9日 10:07

   「詩のようにことばの短く、うつくしく、いろいろなことを思いうかべることのできる」童話が好きだと語ったちひろは、『ことりのくるひ』など「感じる絵本」と呼ばれる絵本シリーズで、独自の絵本表現を切り拓きました。若いころから、万葉集や宮沢賢治の詩にも親しんだちひろの感性を探り、その詩情あふれる絵の魅力に迫ります。

イベント詳細ページへ

会期

2017年8月24日(木) ~ 11月5日(日)

会場

ちひろ美術館・東京

所在地

〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/5/24

2018年5月20日頃からツイッター上で、ハトに餌を与えないよう啓発しているポスターが、「意識の高い鳩」とツイートされ話題となっている。このポスター、いっ...

2018/5/24

中国大陸から、黄砂がやってくる――。気象庁公式サイトの「黄砂情報(予測図)」を見ると、2018年5月24日12時頃から27日3時頃にかけて、中国大陸から日...

2018/5/24

インターネットを初めとしたITに関わる技術は、今や我々の生活になくてはならないものとなっており、「AI」という言葉を聞く機会も増えてきた。AIとは「Art...

2018/5/24

東京都中央区にある日本橋の上を走る首都高速道路を地下に移して、日本橋の景観を取り戻そうという動きがあることはご存じだろう。「あ、テレビCMで観たことが.....

2018/5/24

「自分の希望や思いが通らぬのが人生であり、世の中です。自分の思いが通らぬということは、ことばを変えれば〈負け〉ですね。」これが相田みつをの人生観でした。続...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ