「Handscape」展

2017年8月 8日 10:03

   Handscapeは、HandとScapeを組み合わせた造語です。人の手が、うみ出す風景。それは、目を凝らしてじっと1点をみつめるのではなく、目線を上げ、広がりを俯瞰して眺めるイメージから生まれました。本展は、スウェーデンのアーティストと来場されたみなさんがギャラリー内で協働し、無印良品の商品の生産工程で出る端材を素材として、大きなラグをつくるプロジェクトです。捨てられてしまうものが、デザインやアイデア、人の手のちからで、美しく温かみのある作品になります。それは、持続可能なものづくりや新たな価値を、自らの手でつくり出す楽しさにつながっています。なにを選ぶか、という消費者の目線から、なにかを作る、というささやかな挑戦。制作に参加すること、過程を見守ること、結果を想像すること、いろいろな楽しみ方があります。ラグのデザインのテーマは、「雲」。作品はまるで本物さながらに、みなさんの手で、日々変化していくことでしょう。みたことのない風景を、いっしょにつくり、眺めませんか?

イベント詳細ページへ

会期

2017年9月1日(金) ~ 10月29日(日)

会場

無印良品有楽町ATELIERMUJI

所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3インフォス有楽町

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/10/18

関西人が何気なく使っている言葉だが、関東では通じない、というケースがあるようだ。「これ、東京では使わへんの?」と驚くことも......。たとえば「ナイロン...

2017/10/17

温泉が良かった、焼酎が旨かった、魚も肉も最高だった、と九州旅行から帰ってきた人の話を聞きながら、ご当地銘菓を味わう。定番のお土産品も多いが、それはそれで安...

2017/10/17

日本の山河をこよなく愛し、豊かな自然とそこに暮らす人々の姿を叙情豊かに描き出した川合玉堂(かわいぎょくどう)(1873-1957)。山種美術館では、没後6...

2017/10/17

玉川学園では、「全人教育」の理念の下、体験を通した学びや創造を重視する「労作教育」や、自らの関心あるテーマをとことん追求する「自由研究」という独自の教育を...

2017/10/17

窪田空穂(1877-1967)は、50年をこえる年月を文京の地で過ごした、ゆかりの歌人・国文学者です。明治・大正・昭和にわたる長い文芸活動のなかで、全集に...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    461
    10年平均比
    76.43%
    前週比
    +10.02%
  2. 2
    882
    13.54%
    +3.04%
  3. 3
    41
    -55.68%
    -6.82%
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(43456)
  2. 2

    ↑(8855)
  3. 3

    ↑(15)
  4. 4

    ↑(8)
  5. 5

    ↑(27)

↑上へ