明末清初の五彩と天神図・鐘馗図

2017年8月 1日 10:00

    景徳鎮の官窯や民窯で青花や五彩が盛んに生産された明時代。万暦(1572-1620)後、官窯の焼造は中止されてしまいますが、民窯では日本、東南アジア、ヨーロッパ向けの愛らしい作品が作られます。今回展示するのは、官窯が作られなくなった万暦後から官窯が復活する清の康熙までに作られた民窯の五彩です。日本で天啓赤絵、南京赤絵、色絵祥瑞と呼ばれ愛好されてきました。 今回展示する明末清初の五彩は12作品。その多くは10枚、20枚とセットで作られたもの。江戸時代より宴席や茶席で使用され、珍重されてきたものです。民窯らしい自由闊達なデザインはバラエティに富み、古くから根強い人気を持続しています。また明時代に官窯が途絶え、清朝官窯が復興するまでの期間の景徳鎮窯の有様を示すという意味においても面白味のある作品群です。 絵画は天神図―「渡唐天神図(室町時代)」「束帯天神図(柴田是真筆)」と、鐘馗図―「騎馬鐘馗図(雲渓永怡筆)」「円窓鐘馗図(柴田是真筆)」を展示します。天神様は学問の神様ともされる菅原道真。一方の鐘馗様は魔よけの効験で知られていますが、科挙試験にトップで合格した経歴を持つため受験の神様ともされています。 その他、葛飾北斎の肉筆画「馬頭鯛図」と「子供図」、日本の陶磁器19点(常設展示作品)、アジアの仏教彫刻8点(常設展示作品)、岡田茂吉作品も展示します。

イベント詳細ページへ

会期

2017年9月10日(日) ~ 9月25日(月)

会場

東京黎明アートルーム

所在地

〒164-0003 東京都中野区東中野2-10-13

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/23

同展は、1994年に週刊誌で発売されて以来、国境や文化、世代を越えて世界に広がり支持され続けている『名探偵コナン』の世界観をベースに、科学捜査のプロセスを...

2018/2/23

「銭湯行こう」――。ふとそう思いついても、どこに銭湯があるのかわからず、かといっていちいちネットで検索するのも二の足を踏んでしまう。そんな経験をしたことが...

2018/2/23

2017年12月19日からJタウン研究所が実施していた、「『天かす』と『揚げ玉』、どっちが親しみがある?」。18年2月19日に投票を締め切り、その結果が出...

2018/2/22

京浜急行電鉄が2018年2月25日、創立120周年を記念した「優待乗車証2枚」を無料配布します。 買い物の特別優待割引券も配布 優待乗車証イメージ 1セッ...

2018/2/22

平昌五輪出場のカーリング女子選手の「そだねー」がきっかけで、北海道弁が話題になっている。「押ささる(押してしまう等)」「○○かい?(疑問文の末尾につける等...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ