「コミュニケーションと孤独」平成をスクロールする 夏期 | 総合開館20周年記念TOPコレクション

2017年7月 7日 10:22

   TOPコレクションは、毎年一つの共通テーマで、三期にわたって東京都写真美術館のコレクションを紹介する展覧会シリーズです。今年のテーマは「平成」です。 メールやインターネットの普及、肖像権侵害や個人情報保護、コミュニケーション障害や孤独死など、おもに平成という現代に起き始めた現象により、他者とのコミュニケーションのはかり方、人やものとの距離の取り方は変化し、複雑化が進んでいます。何かと直接対峙することによってできあがるメディアである写真は、撮影者と被写体の二者間に何らかのコミュニケーション、関わりが必須となります。写真によって作品を制作する作家たちが、こうした状況のなかで、何を撮影し、表現しようとしているのか、そして、作家と被写体、そして鑑賞者との関係性にはどのような変化が起きているのでしょうか。本展では、当館の34,000点を超えるコレクションの中から、平成年代に制作された作品をご紹介しながら、時代とともに変化してきたコミュニケーションのありかたを考えます。[出品予定作家]北島敬三、菊地智子、大塚千野、屋代敏博、中村ハルコ、やなぎみわ、郡山総一郎、石内都、ホンマタカシ ほか

イベント詳細ページへ

会期

2017年7月15日(土) ~ 9月18日(月)

会場

東京都写真美術館

所在地

〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/25

1964(昭和39)年10月1日に東京~新大阪間で開業した東海道新幹線は、世界で初めて時速200km超での営業運転を実現し、日本と世界の鉄道に高速化という...

2018/4/24

七回目を迎えた鳥居清長忌展覧会。今年は六大浮世絵師の一人として名高い天明期の美人画家「鳥居清長」の作品に加え、清長をはじめとした絵師たちによる生き生きと描...

2018/4/24

世界の現実を伝えてきたフォトジャーナリズム誌『DAYSJAPAN(デイズ・ジャパン)』。今年も「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018受賞作品」の写...

2018/4/24

小学校の給食で、皆さんが好きだった料理は何だろうか。「カレーライス」「あげぱん」「わかめごはん」などの食べ物が挙がるところ、なかに、「ミートソーススパゲテ...

2018/4/24

夏季としては、日本最大級の洋蘭の展示会となる同展は、蘭友会の精神である「らんを楽しむことを通じて人の和を図る」「らんを守る・知る・伝える」ことを趣旨とし、...

アクセスランキング
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ