生賴範義展THEILLUSTRATOR

2017年7月 7日 15:25

   日本を代表するイラストレーター・生賴範義(1935~2015)の遺した約3,000点以上の作品の中から選りすぐりの原画約250点を東京では初めて一挙公開します。『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』『ゴジラ』シリーズの映画ポスター原画をはじめ、吉川英治、平井和正、小松左京など有名作家の書籍装画、商業広告、そして”画家”として描き続けた油彩画などを一堂に展示し生賴範義の全貌をご紹介します。作品のクオリティをご堪能いただくと同時に、最盛期には年間130点以上の作品を制作した生賴の半世紀以上にもわたる画業の”軌跡”と”奇跡”を体感できる展覧会です。本展覧会では生賴が手掛けた幻の大作「破壊される人間」の特別出展のほか、平井和正の「幻魔大戦」で描いたアンドロイド”ベガ”をイラストレーターの寺田克也氏が再デザインし「シン・ゴジラ」等で知られる造形作家・竹谷隆之氏が立体化した立像の原型の展示も併せて行います。またスペシャルイベントとして、生賴の作品に影響を受けた著名人によるトークショーや、ご子息によるギャラリートークなどを期間中開催いたします。

イベント詳細ページへ

会期

2018年1月6日(土) ~ 2月4日(日)

会場

上野の森美術館

所在地

〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/22

カレーといえば、誰もが一度は食べたことのある馴染み深い料理の一つだ。 家庭では親に作ってもらい、小学校などの給食でも定番メニューだっただろう。 今ではカレ...

2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/21

利行は、関東大震災から太平洋戦争の直前まで、昭和初期の東京を歩き回り、近代化が進む荒川・隅田川沿い、千住のガスタンクやお化け煙突、隅田公園にできたばかりの...

2018/4/20

直前の連絡で申し訳ありませんが、あす2018年4月21日開催の「第3回webメディアびっくりセール」に、Jタウンネットも参加します。今回は、あすスタートの...

注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ