シャガール三次元の世界

2017年7月 7日 17:10

   画家、版画家として著名なマルク・シャガールですが、晩年に多くの彫刻を制作していたことはあまり知られていません。シャガールが彫刻制作を始めたのは1951年、すでに63歳になっていました。この時点で、ブランクーシやジャコメッティといった彫刻家たちによって、またピカソやマティスなどの創意に富んだ彫刻作品によって、20世紀彫刻の造形言語は大きく書き換えられていました。しかしシャガールは、さまざまな新しい試みを知らないかのように、全く独自の、他のどんな20世紀彫刻とも似ていない作品を創り出します。シャガールの彫刻作品を、日本で初めて本格的に紹介する本展では、平面作品と深い関わりをもつシャガール彫刻の特徴を踏まえたうえで、関連のある素描や絵画、同主題の絵画などとともに展示し、シャガールの三次元世界を巡ります。日本初公開作品を多数含む、油彩・水彩70点、彫刻・陶器60点、素描・版画等40点で構成される本展は、新しいシャガール像に触れる貴重な機会となることでしょう。

イベント詳細ページへ

会期

2017年9月16日(土) ~ 12月3日(日)

会場

東京ステーションギャラリー

所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/22

撮って、繋いだ、だれかの1年。365日の写真を撮りためて、なにかを「みっける」ワークショップの成果発表展。それはだれかの「人生80年における1%」を、世界...

2018/2/22

本展覧会に関連し、コラボレーション作家の大巻伸嗣によるアーティストトークを行います。事前の予約が必要です。下記、生誕100年特設サイトのお申し込みフォーム...

2018/2/22

いま、ツイッター上で「#ムカつく電車の行き先選手権」が話題だ。どうやら自分にとって不都合な電車についての鬱積した想いを滔々と語っているようだが、具体的には...

2018/2/21

弊社(J-CAST)マスコットキャラクターの「カス丸」に、ネットテレビ番組から取材依頼がきた。「『バズらせ』人気者になる方法教えます!」なるその番組は、ネ...

2018/2/21

「人妻プリン」――やけに官能的で昼ドラの匂いすらするこの言葉。ともすると食べ物のプリンではなく別の「プリン」を想像してしまう読者もいることだろうが、これ、...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ