荒木経惟 写狂老人A

2017年7月 5日 11:50

   今年、77歳を迎え一層活発な活動を続ける写真家・荒木経惟。近年、荒木は自らの死にに直面するような体験を経て、長年の重要なテーマである「生と死」がより鮮明に表れた作品を発表しています。本展は最新作を中心にした大規模な個展であり、荒木の制作の原点とも言える1960年代のスクラップブックもまじえて、1000点以上を展示。荒木の多様な活動の核心に迫ります。

イベント詳細ページへ

会期

2017年7月8日(土) ~ 9月3日(日)

会場

東京オペラシティアートギャラリー

所在地

〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/22

撮って、繋いだ、だれかの1年。365日の写真を撮りためて、なにかを「みっける」ワークショップの成果発表展。それはだれかの「人生80年における1%」を、世界...

2018/2/22

本展覧会に関連し、コラボレーション作家の大巻伸嗣によるアーティストトークを行います。事前の予約が必要です。下記、生誕100年特設サイトのお申し込みフォーム...

2018/2/22

いま、ツイッター上で「#ムカつく電車の行き先選手権」が話題だ。どうやら自分にとって不都合な電車についての鬱積した想いを滔々と語っているようだが、具体的には...

2018/2/21

弊社(J-CAST)マスコットキャラクターの「カス丸」に、ネットテレビ番組から取材依頼がきた。「『バズらせ』人気者になる方法教えます!」なるその番組は、ネ...

2018/2/21

「人妻プリン」――やけに官能的で昼ドラの匂いすらするこの言葉。ともすると食べ物のプリンではなく別の「プリン」を想像してしまう読者もいることだろうが、これ、...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ