~かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展

2017年6月17日 10:51

   古くは仏前に芳香を献ずるものであった「香」の文化は、仏教伝播とともにわが国へ伝えられ、宗教上の用途にとどまらず、貴族の生活を彩り、王朝文学の世界へも広がりをみせました。香を焚き、“聞き”あてるための雅な香道具も発達し、室町時代には、日本が中国との交易によって得た漆芸や古銅の香炉など、貴重な唐物が会所で飾られました。香合は、香を収める合子のこと、本来は香炉と組み合わせて用いられてきたものですが、“茶の湯”における「炭点前」の成立(16世紀末頃)とともに香炉からはなれ、しだいに自由な素材・造形のものが登場します。漆芸香合、和物の陶磁香合、中国へ注文された染付・赤絵・青磁香合、三彩の交趾香合などがその例で、江戸初期よりその種類は実に多様となりました。静嘉堂の香炉コレクションには、中国・南宋官窯の青磁香炉、野々村仁清作の重要文化財「色絵法螺貝香炉」、「銹絵白鷺香炉」といった優品があります。本展では、香合コレクションから約80件を出品し、香炉の優品とともに、豪華な蒔絵の香道具もあわせ、約100件を公開いたしますのでどうぞご期待ください。香合・香炉のまとまっての公開は、20余年ぶりのこととなります。本展では、国宝「曜変天目」(「稲葉天目」)も会期中を通して展示いたします。

イベント詳細ページへ

会期

2017年6月17日(土) ~ 8月13日(日)

会場

静嘉堂文庫美術館

所在地

〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/6/24

現代ではお正月のかるた大会でお馴染みの小倉百人一首。しかし何故お正月の風物詩になったのかはっきりした理由はわかっていません。ほかにも成立事情や選ばれた和歌...

2017/6/24

この企画では、「わたせせいぞう-心の軌跡-ハートカクテルの誕生」と題し、デビュー当時に描いていたナンセンス漫画からハートカクテルまでの作品(1974~19...

2017/6/24

朝起きてから寝るまで、私たちはたくさんの道具を使って暮らしています。一体だれがどうやって考え、どのようにつくり、そしてどんな人が使うのでしょう。本展では、...

2017/6/24

TWS-Emergingは、公募展「トーキョーワンダーウォール(TWW)」から選ばれた若手アーティストがTWSで個展形式の展覧会を行うプログラムです。7/...

2017/6/24

「床の間」「茶室」「濃茶」「取り合わせ」など、茶の湯に関するキーワードで展示を構成し、茶道具の鑑賞のポイントをご紹介いたします。本展は、昨夏ご好評いただい...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    3
    10年平均比
    -70.30%
    前週比
    +200.00%
  2. 2
    2
    233.33%
    +100.00%
  3. 3
    70
    -19.08%
    +79.49%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    ↑(4)
  3. 3

    ↑(5)
  4. 4

    ↓(3)
  5. 5

    ↑(32415)
注目情報
ムシ

毎年6月は、国土交通省と不正改造防止推進協議会による「不正改造車を排除する運動」強化月間...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ