神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展

2017年5月13日 10:07

   究極の趣味人のワンダーランドプラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552-1612)は、稀代の収集家として、また芸術の庇護者として知られています。16世紀末から17世紀初頭、彼の宮廷には世界各地から優れた人物たちが集結し、芸術作品、あるいは科学機器などのあらゆる優れた創作物、更には新たに発見された珍奇な自然物などが集められ、文字通り「驚異の部屋」とでも呼ぶべき膨大なコレクションが形成され、当時のヨーロッパの芸術文化の一大拠点ともなりました。本展ではジュゼッペ・アルチンボルドを始め、ルドルフ2世が愛好した芸術家たちの作品を中心に、占星術や錬金術にも強い関心を示した皇帝の、時に魔術的な魅力に満ちた芸術と科学の世界をご紹介します。

イベント詳細ページへ

会期

2018年1月6日(土) ~ 3月11日(日)

会場

Bunkamuraザ・ミュージアム

所在地

〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/5/27

カップ麺に巻き付いた様子の蛇が妙に微笑ましい――こんなツイートが2017年5月15日に投稿され、話題になっている。糞の片付けして戻って来たら麺づくりに巻き...

2017/5/27

関東地方と首都圏。この2つの言葉の意味する内容の違い、あなたは分かりますか? 名前が違う以上、指し示す内容も異なるはずだが、明確な違いにはいまいちピンと来...

2017/5/27

スティーヴン・スピルバーグ氏が映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)」(ロバート・ゼメキス監督、1985年)を世に送り出し、同映画に登場するタイ...

2017/5/27

生まれること。成長していくこと。変様していくこと。すべての生きとし生けるもの、森羅万象の鼓動を描きたい。かつて生きていたものも、これから生まれるものも。今...

2017/5/27

 日本の近代植物分類学の礎を築いた一人である牧野富太郎は、植物図の名手でもありました。牧野が描いた植物図は、観察力の深さと描写の精密さ、そして単なる個体の...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    176
    10年平均比
    -36.35%
    前週比
    +114.63%
  2. 2
    2
    185.71%
    +100.00%
  3. 2
    2
    -62.26%
    +100.00%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    ↑(16)
  3. 3

    ↑(175)
  4. 4

    ↑(9)
  5. 5

    ↓(3)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ