クレオール・ニッポンの旅 | 無名詩人の民謡から、ニッポンを聴く

2017年5月12日 10:00

   「クレオール」という言葉をご存じでしょうか。もともとは、アメリカ大陸や西インド諸島、アフリカの旧植民地で生まれた人々、そこで混じり合った文化、言語のことを指します。島国である日本もまた、遥か昔から多種多様なルーツを持つ人々が行き交い、混ざり合ってきたことを考えると、この言葉とも無縁ではありません。“うたう旅人”として活動する松田美緒さんは、このような日本の多様性/地域性を示すキーワードとして「クレオール」という言葉を用い、CDブック『クレオール・ニッポン』を発表しました。ハワイやブラジルへ渡った日本人、長崎県伊王島に暮らしたキリシタン、徳島県祖谷(いや)の木びきさん。労働や祈りの中で歌われてきた暮らしの記憶の数々を、松田さんは自身の歌声を通して鮮やかに再生します。画一的な日本のイメージとは異なる、歌が映し出す多様な風景は、まさに「クレオール」と言えるでしょう。本展では、歴史を伝える映像やレコード、そして旅路の記録とともに、松田さんが出会った日本の歌をお聴きいただけます。市井の人々が歌い継いできた音楽を通して、私たちの暮らしに耳を傾ける展覧会です。

イベント詳細ページへ

会期

2017年6月17日(土) ~ 7月23日(日)

会場

くりっく 世田谷文化生活情報センター 生活工房

所在地

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/22

カレーといえば、誰もが一度は食べたことのある馴染み深い料理の一つだ。 家庭では親に作ってもらい、小学校などの給食でも定番メニューだっただろう。 今ではカレ...

2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/21

利行は、関東大震災から太平洋戦争の直前まで、昭和初期の東京を歩き回り、近代化が進む荒川・隅田川沿い、千住のガスタンクやお化け煙突、隅田公園にできたばかりの...

2018/4/20

直前の連絡で申し訳ありませんが、あす2018年4月21日開催の「第3回webメディアびっくりセール」に、Jタウンネットも参加します。今回は、あすスタートの...

注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ