蜷川実花 うつくしい日々

2017年5月10日 10:00

   ̶朝起きたら信じられないくらい空が青くて、あまりにも綺麗だった。どうせ逝くならこんな日がいいよね、って思った。̶おそらくは、本当に大切な人や自身の死と向き合う時の感受性でしか見えない景色があります。体のどこかに常に不安と悲しみを宿しながらも、ふと見上げた空の青さに、芽吹く若葉に、風の薫りに、キラキラとした生を見る――『うつくしい日々』はそのような感受性で撮られた作品です。本展は、蜷川実花が、父・幸雄の死に向き合う日々を撮影した写真約60点で構成されます。彼女が「逝く人の目で撮った写真」と表現するように、一点一点に、この美しい世界と別れゆく父の視線と、それを受け継ぐ娘の視線が重なります。作品に写る「止まれ」の標識の先に歩みが続くように、命は止まったようでありながら、娘へ、そしてその子供へと繋がれていきます。『うつくしい日々』が撮影されたのは昨年の春。本展は同じ季節に開催される10日間のかけがえのない展示となります。

イベント詳細ページへ

会期

2017年5月10日(水) ~ 5月19日(金)

会場

原美術館

所在地

〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-25

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/25

1964(昭和39)年10月1日に東京~新大阪間で開業した東海道新幹線は、世界で初めて時速200km超での営業運転を実現し、日本と世界の鉄道に高速化という...

2018/4/24

七回目を迎えた鳥居清長忌展覧会。今年は六大浮世絵師の一人として名高い天明期の美人画家「鳥居清長」の作品に加え、清長をはじめとした絵師たちによる生き生きと描...

2018/4/24

世界の現実を伝えてきたフォトジャーナリズム誌『DAYSJAPAN(デイズ・ジャパン)』。今年も「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018受賞作品」の写...

2018/4/24

小学校の給食で、皆さんが好きだった料理は何だろうか。「カレーライス」「あげぱん」「わかめごはん」などの食べ物が挙がるところ、なかに、「ミートソーススパゲテ...

2018/4/24

夏季としては、日本最大級の洋蘭の展示会となる同展は、蘭友会の精神である「らんを楽しむことを通じて人の和を図る」「らんを守る・知る・伝える」ことを趣旨とし、...

アクセスランキング
注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ