宮本三郎の描く身体

2017年5月10日 10:12

   人間の身体をいかに表すか―美術の表現において、もっとも普遍的かつ根本的といえるこのテーマは、ことに西洋の美術が歩んだ歴史をひもとくとき、それぞれの時代を特色づける要となります。 生涯を通じて人物を主題の中心に据えた洋画家・宮本三郎(1905-1974)は、二度の滞欧期を経て、西洋の古典および同時代の美術を熱心に学びました。その実践として、生来の素描力を土台としつつ、さまざまな表現手法を駆使し、多様な画風を展開していきます。一貫して描き続けた女性像もまた、艶かしさを湛えたふくよかな姿態にはじまり、研鑽を重ねてきた写実表現を離れて抽象的な表現による創造を試みたもの、鍛え上げられた肉体にその職業的個性を表出させたかのようなバレリーナの像など、次々とめまぐるしいまでに、その表情を変えていきます。 本展は、宮本三郎が描いた「身体」に注目し、初期から晩年までの油彩・素描作品を通して、その豊かで生気に溢れた表現の変遷を辿るものです。モデルを前にデッサンを重ね、幾多の試行を重ねた宮本三郎の、真摯に対象と向き合うことで生み出された魅力あふれる作品の数々をお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年4月1日(土) ~ 7月23日(日)

会場

世田谷美術館分館宮本三郎記念美術館

所在地

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-38-13

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/7/24

投稿者が偶然とらえたある動物の動きが「可愛すぎる!」――こんなツイートが2017年7月13日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな動きだった...

2017/7/24

[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2017年7月12日放送の「Today's VOICE ニュースな人」のコーナーでは、「空飛ぶ車いす研究会」のみなさんの...

2017/7/23

[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2017年7月12日放送の「仰天コロンブス」のコーナーで、金沢に狛犬ではなく別の動物がいる神社があるという話題がでてい...

2017/7/22

本来の駅名とは違う「副駅名」を導入する駅が増加している。要はスタジアムなどのネーミングライツと同様の仕組みで、周辺施設の名称を取り入れたものになっている。...

2017/7/22

「土用の丑の日にはうなぎ!」とは江戸時代に平賀源内が付けた単なるキャッチコピーである、と言う説は有名だ。土用の丑の日が近づいてきた(Zengameさん撮影...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    6
    10年平均比
    -32.58%
    前週比
    +500.00%
  2. 2
    45
    324.53%
    +164.71%
  3. 3
    314
    -58.07%
    +139.69%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    ↑(4)
  3. 3

    ↑(68)
  4. 4

    ↑(26)
  5. 5

    ↑(7)
注目情報
ムシ

巷で話題の「チラッシュ」とは?

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ